[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬瓜エブリンが声荒らげ「なんでよ!」 試合後に“憤慨”も…女子バスケ日本戦で爆笑のフラグ回収

世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。試合後にはMVPが発表されたが、爆笑の展開が繰り広げられた。

バスケットボール女子日本代表の馬瓜エブリン【写真:Getty Images】
バスケットボール女子日本代表の馬瓜エブリン【写真:Getty Images】

三井不動産カップ(東京大会)

 世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。試合後にはMVPが発表されたが、爆笑の展開が繰り広げられた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 日本の明るさが象徴されるシーンだった。試合後のセレモニー、三井不動産カップのMVPを発表することがアナウンスされた。すると、ベンチにいた馬瓜エブリンをカメラマンが映し出した。さらに周囲のカメラも一斉にレンズを向け、エブリンは「2台、3台……えっ!」「4台、カメラ4台!」と驚きながら、その後の展開に“勘づいた”フリ。周囲からも「おめでとう、エブリン!」と受賞フラグを立てられた。

 ところが、発表されたMVPは高田真希だった。途端にエブリンは立ち上がり、試合中に審判に抗議するように右手を上げ、「なんでよ!」「カメラ向いてたじゃん!」とカメラ目線で“憤慨”した。フリとオチが100点のフラグ回収を演じると、最後は笑顔で高田とハイタッチを交わして大盛り上がりだった。

 この模様を「カメラ4台に囲まれMVPフラグ? 果たして結果は…」と題して日本バスケットボール協会公式Xが紹介。試合後の場内インタビューでは妹のステファニーとパリ五輪に出場することに「お母さん、ありがとーーー!!!」と絶叫して盛り上げ、コート内外でエンターテイナーに徹していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集