[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ショウヘイはどこにでも行くべきだ」 大谷翔平が1番継続でもベッツ歓迎「僕は合ったところに」

左手甲の骨折で離脱中の米大リーグ・ドジャースのムーキー・ベッツ内野手が、米記者のインタビューに答えた。現在は大谷翔平投手が1番打者を務めているが「ショウヘイは、彼が付きたいところならどこにでも行くべき」と、復帰後の自身の打順にはこだわらない意向を示した。

ドジャースのムーキー・ベッツ(左)と大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースのムーキー・ベッツ(左)と大谷翔平【写真:ロイター】

米記者がベッツの言葉を伝える

 左手甲の骨折で離脱中の米大リーグ・ドジャースのムーキー・ベッツ内野手が、米記者のインタビューに答えた。現在は大谷翔平投手が1番打者を務めているが「ショウヘイは、彼が付きたいところならどこにでも行くべき」と、復帰後の自身の打順にはこだわらない意向を示した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ドジャースの不動のリードオフマンとして活躍していたベッツは、6月16日(日本時間17日)のロイヤルズ戦で死球を受けて左手甲を骨折し、戦線を離脱した。翌日の試合からは大谷翔平が「1番・DH」に入り、チームをけん引。同26日(同27日)からのホワイトソックス戦では2試合連続で先頭打者本塁打を放つなど、切り込み隊長としての役割をこなしている。

 ベッツ復帰後の打順について注目が集まる中、「ドジャース・ネーション」のダグ・マケイン記者はXにて、本人のコメントを紹介。1番打者から外れる可能性について、ベッツが「気にしてない。ショウヘイは、彼が付きたいところならどこにでも行くべき。どの打順に付こうが、彼はそこにいられる。彼が何をしたいかを決めれば、僕は自分に合ったところに入るだけだ」と回答したと伝えた。

 7月3日(同4日)には、復帰に向けて懸命にリハビリする姿がドジャース公式Xでも伝えられたベッツ。何番を打つにしろ、頼りになるスターの復帰を、ファンは首を長くして待っている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集