[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

解説ベッツが「二度とごめん」と衝撃、大谷翔平に関する恐怖体験「自分の身を守ろうと努めるよ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。この試合で地元放送局のゲスト解説を務めたムーキー・ベッツ内野手は、大谷の打球の速さを自身の体験を交えて説明した。

ムーキー・ベッツ【写真:ロイター】
ムーキー・ベッツ【写真:ロイター】

本拠地ダイヤモンドバックス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)の本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。この試合で地元放送局のゲスト解説を務めたムーキー・ベッツ内野手は、大谷の打球の速さを自身の体験を交えて説明した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ベッツは米放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の中継に生出演。ヘッドホンを付けてゲスト解説を行った。開幕から不動のリードオフマンとして活躍していたが、6月16日(同17日)のロイヤルズ戦で死球を受けた際に左手甲を骨折。現在は戦線を離脱している。

 そのベッツが大谷の打球に言及したのは、初回の第1打席だ。中前打を放った場面で身振り手振りを交えながら、「彼の打球が僕の頭近くを118マイル(約190キロ)で抜けていったことがあるけど、もう二度とごめんだね」と衝撃を受けた体験を回顧。その速さがいかに異次元かを説明し、「塁に出ていると自分の身を守ろうと努めるよ」とも語って実況・解説の笑いを誘った。

 出場時は主に1番を任され、大谷の前で塁上にいることが多かったベッツ。以前は同僚のミゲル・ロハス内野手から、“速すぎる”大谷の打球を恐れ一塁上でのリードが小さくなっていることを指摘されていたが、それを裏付けるような解説となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集