[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

訪れた37秒の沈黙、大谷アクシデントで響いた「あ゛あ゛!」 実況席からこぼれたのは「Ouch…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。27号2ランを含む5打数3安打2打点で、6-5の勝利に貢献した。3回にはアクシデントに襲われ米実況席は37秒間沈黙。「明らかに痛がっている」と心配していた。

本拠地ダイヤモンドバックス戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
本拠地ダイヤモンドバックス戦に出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ダイヤモンドバックス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。27号2ランを含む5打数3安打2打点で、6-5の勝利に貢献した。3回にはアクシデントに襲われ米実況席は37秒間沈黙。「明らかに痛がっている」と心配していた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 1-0とリードの3回先頭、大谷の第2打席だった。カウント2-1からの4球目をスイングするも、右足のつま先付近を直撃する自打球に。「あ゛あ゛!」と絶叫すると、バットを放り投げて悶絶した。場内も騒然。心配するトレーナーとロバーツ監督からチェックを受けたが、再び打席へ戻った。

 米カリフォルニア州地元局「スポーツネット・ロサンゼルス」の中継では、自打球の瞬間に実況のジョー・デービス氏が「Ouch…(痛いっ)」と思わずこぼすと、そこから37秒間沈黙。解説のエリック・キャロス氏は、その場を和ませるためか「叫び声が、試合前に聞いたロックシンガーみたいだね」とジョークを飛ばしていた。

 この打席で大谷が三振に倒れた後も、デービス氏は「脚を気にしながらベンチへ戻ります」「心配されたドジャースの大スター・オオタニは出場を続けますが、明らかに痛がっています」と伝えていた。しかし、大谷は7回の第4打席で一時逆転となる27号2ランを放つなど3安打。アクシデントの影響を感じさせなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集