[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木麟太郎HRの日、大谷翔平が「100%」アベック弾 ネット衝撃「何という偶然」「フラグ立ってた」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。7回の第4打席に逆転の27号2ランをかっ飛ばした。この日は花巻東の後輩で、米国の超名門・スタンフォード大学に進んだ佐々木麟太郎内野手もMLBドラフトリーグで4号満塁ホームラン。佐々木がこれまで本塁打を打った4日、大谷はいずれもホームランを競演している。

本拠地ダイヤモンドバックス戦、7回の第4打席に逆転の27号2ランをかっ飛ばしたドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地ダイヤモンドバックス戦、7回の第4打席に逆転の27号2ランをかっ飛ばしたドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地ダイヤモンドバックス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地ダイヤモンドバックス戦に「1番・DH」で先発出場。7回の第4打席に逆転の27号2ランをかっ飛ばした。この日は花巻東の後輩で、米国の超名門・スタンフォード大学に進んだ佐々木麟太郎内野手もMLBドラフトリーグで4号満塁ホームラン。佐々木がこれまで本塁打を打った4日、大谷はいずれもホームランを競演している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 2-3と1点を追う7回の第4打席。大谷は無死一塁から、ジャスティン・マルティネスが投じたスライダーを強振。誰もが柵越えを確信した一発は打球速度112マイル(約180.2キロ)、飛距離433フィート(約131.9メートル)で右翼席へ。逆転の27号2ランになった。

 大谷は打った直後、全く動かずに打球方向を見つめる程。敵地ダイヤモンドバックス向け放送局「DバックスTV」では、実況のスティーブン・バーシオーム氏が「ドジャースの逆転です、オオタニがまた打ちました」とスタンドに入る前に一言。即座にお手上げとなっていた。

 この日、佐々木も所属するトレントン・サンダーの一員としてMLBドラフトリーグに「5番・一塁」で先発出場。初回に4号満塁ホームランを打っているが、佐々木が打った日は大谷も全てホームランを記録しており、“アベック弾率100%”となっている。

 X上では「何という偶然」「シンクロ率高い」「フラグ立ってた」などと驚きの声も上がっていた。大谷はこれでこの日3安打。本塁打数はリーグ最多を走る。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集