[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、米国で絶賛されたNBA選手の「99%がやらない」プレー バカにされても「また跳びます」

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、バスケットボール男子日本代表の渡邊雄太のハワイでの自主トレーニングの様子に追った密着ドキュメンタリー「渡邊雄太 不屈の挑戦|バスケ☆FIVE 特別版」を今月1日より3日連続で配信予定。1日には「#1」が配信された。

NBA時代のプレーを振り返る渡邊雄太【写真提供:(C)AbemaTV,Inc.】
NBA時代のプレーを振り返る渡邊雄太【写真提供:(C)AbemaTV,Inc.】

ABEMAが7月1日から密着番組「渡邊雄太 不屈の挑戦」を3日連続配信

 新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、バスケットボール男子日本代表の渡邊雄太のハワイでの自主トレーニングの様子に追った密着ドキュメンタリー「渡邊雄太 不屈の挑戦|バスケ☆FIVE 特別版」を今月1日より3日連続で配信予定。1日には「#1」が配信された。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 渡邊は今季限りで所属していたグリズリーズを退団し、6年間のNBA生活に終止符を打ち、来季からBリーグ参戦を予定している。去就にも注目が集まる中、ABEMAは5月にハワイで取り組んでいたトレーニングに密着。パリ五輪を直前に控えた今を追った。

 どんな逆境でも諦めない不屈の精神がNBAでも評価されてきた渡邊。そのルーツは幼少時代の父との特訓にあった。小学校時代、渡邊が「NBA選手になる」と父・英幸さんに誓ってから、「お前が真剣だったらいくらでも付き合ってやる」と2人の血の滲むような特訓の日々が始まった。

 毎日朝6時に小学校の校庭にやってきてはドリブルなどの練習を続けたが、バスケットゴールがない。そこで英幸さんが考案したのが電柱をゴールに見立てての練習。電柱に向かってシュートを放つ練習を当時の渡邊少年は繰り返し行っていた。「リングがないのを理由にしたくなかった」と自身も実業団のバスケットボール選手として、環境に恵まれないながらも努力をし続けてきた父に“不屈の精神”を教え込まれた。

 練習について渡邊は「ボールをまっすぐ飛ばさないと、あっちいったりこっちいったりして大変なので、電信柱を通して、まっすぐ投げる技術を学んだ」と振り返った。

 渡邊のNBA在籍3年目、ラプターズ時代に全米から認められたプレーがあった。相手がダンクシュートを決めるべく、勢いよく走り込んできたところで果敢にブロック。結果は渡邊が無惨に吹き飛ばされ、ダンクシュートを決められたが、このプレーで周囲の見る目が変わったという。

「あの場面、NBA選手の99%は絶対にブロックに飛ばない。ダンクをされたらいろんな人にバカにされる」。こう振り返る渡邊は続けて「僕はまた跳びます。避けるという選択肢は絶対にありえない」と同じシチュエーションが来てもアグレッシブなプレーをすると語った。このプレーは米メディアで絶賛され、現地ファンの心に刺さった。

 渡邊自身が振り返る、NBAの6年間でのベストプレーは、ネッツ時代の対ラプターズ戦。1点差で追う展開で、残り14秒で逆転の3Pシュート。この時、渡邊にパスを出したのはNBAやオリンピックで優勝経験のあるカイリー・アービングだった。

「実際あの場面、カイリーもシュートにいけた。でもコーナーで僕が空いたのを見つけてパスをしてくれて本当に嬉しかった」

 古巣ラプターズの本拠地で見せたプレー。「アウェイだったので、盛り上がるというよりは、逆に『やられた』って感じの声が心地よかった」と固唾を飲んで見つめていたファンの反応、コートの空気感を振り返り「リスペクトしてくれているからこそ、あの反応なんだと思います」と話した。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集