[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー石川祐希、敗戦直後に爽やかなスポーツマンシップ 準優勝に「日本は夢のようなチーム」海外喝采

バレーボールのネーションズリーグ(NL)は30日(日本時間7月1日)、ポーランド・ウッジで決勝が行われ、世界ランク2位の日本代表が東京五輪金メダルで同5位のフランスにセットカウント1-3(23-25、25-18、23-25、23-25)で敗戦。大会初優勝とともに主要大会52年ぶりの金メダルは逃したが、大会初の銀メダルを獲得した。最後は主将の石川祐希がスパイクをブロックされて終戦。それでも、すぐに立ち上がり、優勝した相手を称えるスポーツマンシップを演じた。

バレー男子日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】
バレー男子日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】

ネーションズリーグ決勝

 バレーボールのネーションズリーグ(NL)は30日(日本時間7月1日)、ポーランド・ウッジで決勝が行われ、世界ランク2位の日本代表が東京五輪金メダルで同5位のフランスにセットカウント1-3(23-25、25-18、23-25、23-25)で敗戦。大会初優勝とともに主要大会52年ぶりの金メダルは逃したが、大会初の銀メダルを獲得した。最後は主将の石川祐希がスパイクをブロックされて終戦。それでも、すぐに立ち上がり、優勝した相手を称えるスポーツマンシップを演じた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 第4セット、23-24で迎えたフランスのマッチポイント。相手サーブからライトの石川が渾身のスパイクを放ったが、相手のブロックに阻まれ、無情にも日本陣内に落ちた。デュースに持ち込めずに敗戦。その場にうずくまった日本のキャプテンとは対照的に、フランスがコート上で歓喜の輪を作る。しかし、石川は味方にうながされて立ち上がると、キャプテンとして最前列に立ち、ネット越しに相手とタッチを交わしていく。悔しさを押し殺して笑みを浮かべ、優勝を称えるシーンは中継にも映った。

 VNL公式インスタグラムは「フランスが2024VNLのチャンピオンに!!」と題してフランス優勝の瞬間を紹介。海外ファンからは「日本には価値がある。来年こそ彼らは100%やってくれるわ」「日本が五輪で金を獲得できる自信がある。素晴らしいチームとイシカワがいる」「素晴らしい試合だった! 日本、強くなって戻って来て!」「日本は夢のようなチームだわ」「日本は信じられないぐらいよくやったわ。みんな素晴らしい働きよ」などと労いと喝采が送られていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集