[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のリベロ山本智大「小川の首にメダルをかけたい」 代表漏れの戦友、発表時は顔が「頭に浮かんだ」【ネーションズリーグ】

バレーボールのネーションズリーグ(NL)は29日(日本時間30日)、ポーランド・ウッジで準決勝が行われ、世界ランク2位の日本代表が同3位のスロベニアをセットカウント3-0(25-21、27-25、31-29)で完勝。史上初の決勝進出を決め、銅メダルを獲得した昨年から2年連続のメダルを確定させた。主将の石川祐希が両チーム最多21得点の活躍。30日(日本時間7月1日)の決勝では同5位のフランスと対戦する。

日本代表の山本智大【写真:VNL提供】
日本代表の山本智大【写真:VNL提供】

ネーションズリーグ

 バレーボールのネーションズリーグ(NL)は29日(日本時間30日)、ポーランド・ウッジで準決勝が行われ、世界ランク2位の日本代表が同3位のスロベニアをセットカウント3-0(25-21、27-25、31-29)で完勝。史上初の決勝進出を決め、銅メダルを獲得した昨年から2年連続のメダルを確定させた。主将の石川祐希が両チーム最多21得点の活躍。30日(日本時間7月1日)の決勝では同5位のフランスと対戦する。リベロの山本智大は試合後「メダルを取って小川の首にもかけてあげたい」と代表漏れした戦友・小川智大への思いも口にした。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 第1セットは中盤から一進一退の攻防。しかし、相手の呼吸が合わないミスもあって22-19とリードすると、最後は西田のサービスエースで25-21で先取した。第2セットも中盤で逆転されるなど競ったが、22-23からお互いに拾い続ける超ロングラリーを制するなど最後は取り切った。

 第3セットも西田、石川を中心に加点し、リードを奪う。大塚のサービスエースが決まるなど、5点リードを保って展開したが、中盤以降、後がないスロベニアに猛攻を許して5連続ポイントで20-23と逆転された。しかし、小野寺のサービスエースなどで日本が反撃。なんとかデュースに持ち込み、31-29で勝ち切った。

 リベロとして守備を支えた山本智大は試合後インタビューで「競った場面でも自分たちがやってきたことを信じて、チーム全員で戦えたことが勝因だと思う」とコメント。「相手のオポジットの選手のスパイクが顔面に当たってからスイッチが入った」と笑った。

 12人の五輪代表メンバーはすでに発表されており、リベロは小川との争いが注目されたが、山本が選ばれた。2人とも世界に誇れるレベルを持ち、互いに認め合う間柄。山本は「オリンピックメンバーが発表された時、僕の頭に浮かんだのは小川の顔。この何年間、切磋琢磨して、高いレベルで高め合ってきた戦友。僕自身も東京の借りを返したい気持ちももちろんあるけれど、プラスで小川の分も頑張って、メダルを取って小川の首にもかけてあげたい」と語った。

 決勝はフランス相手。「今日勝ったことはとてもうれしいけれど、大事な一試合が残っている。フランスを倒すために、チーム一丸となって、リベロとして沢山ボールを拾えるように頑張りたい」と気を引き締めていた。

 スロベニアは1次リーグで11勝1敗と好調で1位通過。その1敗をつけたのが、日本だった。再戦で見事に返り討ちにして決勝進出。主要国際大会では金メダルを獲得したミュンヘン五輪以来52年ぶりの快挙に。パリ五輪の前哨戦で歴史的1勝となった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集