[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー日本戦で物議「やってる選手に失礼だと思う」 謎の判定に辛辣意見「珍しく石川が興奮」

バレーボールのネーションズリーグ(NL)は27日(日本時間28日)、男子ファイナルラウンド準々決勝がポーランド・ウッジで行われ、世界ランキング2位の日本代表が同9位のカナダを3-0(26-24、25-18、26-24)で下し、準決勝進出を決めた。第3セットには日本の選手が微妙な判定を巡り、猛抗議。ネット上でも物議を醸し「失礼だと思う」と日本ファンは選手の気持ちに同調していた。

男子バレー日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】
男子バレー日本代表の石川祐希【写真:VNL提供】

ネーションズリーグ男子・ファイナルラウンド準々決勝

 バレーボールのネーションズリーグ(NL)は27日(日本時間28日)、男子ファイナルラウンド準々決勝がポーランド・ウッジで行われ、世界ランキング2位の日本代表が同9位のカナダを3-0(26-24、25-18、26-24)で下し、準決勝進出を決めた。第3セットには日本の選手が微妙な判定を巡り、猛抗議。ネット上でも物議を醸し「失礼だと思う」と日本ファンは選手の気持ちに同調していた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 納得いかなかった。第3セット、日本が17-18で追う場面。相手のフェイントを大塚達宣が前方に飛び込みながら拾うと、小野寺太志と高橋健太郎が重なりかけながら、高橋がなんとか上げた。最後は宮浦健人が相手コートに返したが、主審はフォアヒット(4回以上ボールに触れる反則)の判定でカナダにポイント。小野寺がボールに触れたと判断されたとみられるが、これに主将の石川祐希らが猛抗議した。

 スイスのバレーボール専門メディア「バレーボール・ワールド」公式Xは、首をかしげるような絵文字とともに実際の動画を公開。小野寺が触れたようには見えないが、フォアヒットはチャレンジの対象ではなく、判定は覆らなかった。深夜に観戦していた日本のファンからも「珍しく興奮している石川」「人生かけてバレーやってるのに選手に対して失礼だと思う」「そりゃけんたろーもこんな表情になるわ……」と厳しい声が上げられていた。

 不運な失点となったが、日本がそこから猛攻。主将の石川がサービスエースを決めるなど、デュースの末に26-24でセットをものにしストレート勝ちした。次戦は28日(同29日)に行われるスロベニア―アルゼンチン戦の勝者と対戦する。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集