[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一瞬記憶が消えた大谷翔平、一塁踏み直しは「バットを置いてけ、と言われて…」 自ら説明した真相

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦に「1番・DH」で先発。24号ソロを含む4打数2安打2打点で、チームの4-3での勝利に貢献した。先頭打者アーチを放った直後、踏んでいた一塁ベースを再度踏み直しに戻っていたが、本人がその理由について米番組内で語っている。

ホワイトソックス戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ホワイトソックス戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ホワイトソックス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦に「1番・DH」で先発。24号ソロを含む4打数2安打2打点で、チームの4-3での勝利に貢献した。先頭打者アーチを放った直後、踏んでいた一塁ベースを再度踏み直しに戻っていたが、本人がその理由について米番組内で語っている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷は初回先頭で迎えた第1打席。右腕フレクセンの変化球をとらえ、右翼フェンスを越えた。24号先頭打者弾で、9試合連続打点もマーク。4回にも決勝タイムリーを放ち打点60に到達した。打率、本塁打でリーグトップ。打点も首位のオズナらまで4と迫っており、主要三冠が見えるところまできた。

 注目を浴びたのが、24号を放った直後の行動。柵越えを確認すると、一塁ベースを踏んでいたにもかかわらず一塁へ戻り、再度踏み直してダイヤモンドを一周していた。

 中継した米放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の試合後番組で、大谷はインタビューに応じた。一塁ベースの踏み直しについては「そうですね。踏んだか踏んでなかったかわからなかったので、一応戻ったという感じですかね」と説明した。

 ギリギリで右翼フェンスを越えていった打球。「最初は入ってくれないかな、越えてくれないかなと見ていた」と当時の心境を振り返った。バットを持ったまま一塁付近まで走っていたが、「バットを持ちすぎていたのでクレイトン(コーチ)に置いてけと言われて、自分で踏んだかどうかわからなかったので、後で念のため戻ったという感じ」と真相を明かしている。一瞬、記憶が消えたようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集