[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷24号でCY賞右腕から脱帽「これぞ投手にとって窮地だ…」 被弾した敵に同情「確信していた」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦に「1番・DH」で先発。初回に今季24号先頭打者弾を放った。ナ・リーグトップを独走。年間では48本塁打ペースとなった。敵地放送局で解説した元サイ・ヤング(CY)賞右腕は「これぞ投手にとっての窮状だ…」と被弾投手に同情している。

敵地ホワイトソックス戦で24号先頭打者弾を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地ホワイトソックス戦で24号先頭打者弾を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ホワイトソックス戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ホワイトソックス戦に「1番・DH」で先発。初回に今季24号先頭打者弾を放った。ナ・リーグトップを独走。年間では48本塁打ペースとなった。敵地放送局で解説した元サイ・ヤング(CY)賞右腕は「これぞ投手にとっての窮状だ…」と被弾投手に同情している。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 初回先頭で迎えた第1打席。カウント2-2から先発右腕フレクセンが投じた5球目だった。高めのカーブを強振。打球は右翼フェンスをギリギリ越えた。大谷は一塁ベースを踏んでいたにもかかわらず、ホームランを確認するとなぜか一塁へ戻り、再度踏みなおしてダイヤモンドを一周した。

 ホワイトソックスの地元米イリノイ州のスポーツ専門局「NBCスポーツ・シカゴ」の中継では実況のジョン・シュリフェン氏が「9試合連続で打点を記録しました。最後にこの記録を達成したドジャースの選手はブルックリン時代の1955年のキャンパネラまで遡ります」と記録を伝えた。

 元CY賞投手で解説のスティーブ・ストーン氏は「クリス(フレクセン)は打たれた瞬間に本塁打になったと悟りましたね。これぞ投手にとっての窮状です」とフレクセンに同情。「カーブが低めに行きませんでした。オオタニは本塁打になったか定かではなかったようですね。でもフレクセンは確信していました」と脱帽していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集