[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平139m特大弾で2つの新記録 シーズン5度目…米記者驚愕「まだ6月中旬よ」「今年3本も…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、移籍後初めての古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で先発し、5回に先制の22号2ランを放った。本拠地のスタンドは熱狂。飛距離455フィート(約138.7メートル)という特大弾に、MLB公式のサラ・ラングス記者はドジャース史上初の事象と紹介した。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が古巣エンゼルスと対戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)、移籍後初めての古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で先発し、5回に先制の22号2ランを放った。本拠地のスタンドは熱狂。飛距離455フィート(約138.7メートル)という特大弾に、MLB公式のサラ・ラングス記者はドジャース史上初の事象と紹介した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 大谷は5回2死一塁で打席に立つと、左腕ムーアの3球目、真ん中付近に入ってきたフォーシームをとらえた。打球は中堅右のスタンドへ一直線。打球速度113マイル(約181.8キロ)、飛距離455フィート(約138.7メートル)の豪快弾となった。本拠地のファンは熱狂。大谷はダイヤモンドを1周すると、ヒマワリの種で祝福された。

 ラングス記者はXに「ショウヘイ・オオタニの450フィート(約137.16メートル)を超える本塁打は今季5本目。これはスタットキャスト計測が始まった2015年以降ドジャース選手として最も多い」とつづった。さらに「まだ6月中旬よ」と驚いている。

 加えて「ショウヘイ・オオタニはスタットキャストによる計測が始まった2015年以降、ドジャースタジアムで450フィート以上の本塁打を複数放った最初の選手」とも紹介。こちらでも「そして彼は今年3本も打っている」と、過去の記録を大きく塗り替える打撃に驚きを隠せないようだ。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集