[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平21号に「たった130m?」 感覚壊れた米実況席が衝撃の一言「145飛ばしていたから…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地ロッキーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席でいきなり打球速度101.5マイル(約163.3キロ)、飛距離427フィート(約130.1メートル)のナ・リーグトップに立つ今季21号ソロを放った。ここ10試合で6発とエンジン全開で年間44発ペースに乗せた。ロサンゼルス地元局の実況席は「たった427フィート?」とまさかの笑いを漏らしていた。

ロッキーズ戦、21号の先頭打者弾を放つドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ロッキーズ戦、21号の先頭打者弾を放つドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地ロッキーズ戦に「1番・DH」で出場

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地ロッキーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席でいきなり打球速度101.5マイル(約163.3キロ)、飛距離427フィート(約130.1メートル)のナ・リーグトップに立つ今季21号ソロを放った。ここ10試合で6発とエンジン全開で年間44発ペースに乗せた。ロサンゼルス地元局の実況席は「たった427フィート?」とまさかの笑いを漏らしていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 初回の大谷の第1打席。カウント2-1から左腕ブラックの4球目だった。真ん中に甘く入った89マイル(約143キロ)の変化球を強振。センターへ飛んだ打球を追った中堅手ドイルがフェンス際でジャンプするもわずかに届かず。今季21号ソロとなった。敵地は騒然。大谷はしばらく打球の行方を見守ると、悠々とダイヤモンドを回った。

 米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の中継では、解説のエリック・キャロス氏が「言った通りだろ、今日はオフェンシブデーだ。ボールはよく飛ぶ」と、高地のコロラドでのデーゲームとあって長打は予想していた様子だった。

 実況のスティーブン・ネルソン氏は「たった427フィート?」と笑い混じりに驚き。「別の日には476フィート(約145メートル)飛ばしていたからね」と18日(同19日)の同カードでの今季メジャー最長弾に、感覚が狂わされているようだった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集