[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バスケ、世界3位撃破してもまず反省 高田真希「もっと守備をタフに」「3Pが入らない時に停滞」

女子バスケットボールの世界ランク9位・日本代表は20日、北海道の北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同3位オーストラリア代表に96-85で勝利した。7月末からのパリ五輪を見据えた一戦。12人の出場選手枠を巡る争いも最終盤に入り、各選手がアピールを繰り広げた。21日も同代表と対戦する。観衆は5476人。

オーストラリア戦に出場した日本代表の高田真希(左)【写真:Getty Images】
オーストラリア戦に出場した日本代表の高田真希(左)【写真:Getty Images】

三井不動産カップ2024

 女子バスケットボールの世界ランク9位・日本代表は20日、北海道の北海きたえーるで国際強化試合に臨み、同3位オーストラリア代表に96-85で勝利した。7月末からのパリ五輪を見据えた一戦。12人の出場選手枠を巡る争いも最終盤に入り、各選手がアピールを繰り広げた。21日も同代表と対戦する。観衆は5476人。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 平均身長約182.3センチの豪州と同174.4センチの日本。林咲希らの3ポイントシュート(3P)で第1クォーター(Q)を22-19とリードし、主導権を握った。第2Q終了間際には、地元・北海道に凱旋した町田瑠唯がディープスリー。52-41で前半を折り返した。第3Qは3Pを立て続けに決められたが、山本麻衣や林の3P、馬瓜エブリンのドライブなどで加点。第4Qは宮崎早織がスピードを生かした突破からのアシストや得点で流れをつくり、川井麻衣や平下愛佳らベンチ組も得点した。

 フルメンバーではなかったとはいえ、世界ランク3位の豪州に勝利。金メダルを狙う日本が弾みをつけた。恩塚亨監督は試合後の会見で「大事にしたのは個人の強み、チームの強みを自覚し、どんな時でもそれを出すこと。ゲーム中、70%ぐらいはいい判断ができて、いいシュートが打てた」と評価。一方、「疲れてきた時にやるべきプレーができていないところがあった」と課題を口にした。高田真希は「いい部分もあるが、もっとディフェンスをタフにやらないと」と反省を述べた。

 チーム合計52本の3Pを放ち、20本を成功。成功率は38.5%。2ポイントシュート(2P)の21本(14本成功)の2倍以上の試投数だった。高田は「打てるシュートを打ち切ることはできた」と一定の評価はしつつ、「もっと2点(シュート)を取りに行けるところもあった。3Pが入らなかった時に停滞してしまうことが多いので、2点を取り切る動きが課題」と修正点を挙げた。

 日本は2月の最終予選で2勝1敗とし、パリ五輪出場を決めた。現地7月26日に開幕する五輪に向け、5月6日から第1次強化合宿をスタート。今月初旬に中国遠征を行い、世界ランク2位の中国に2連勝した。14日から第4次強化合宿が始まり、23人だった候補選手は16人に。7月上旬には五輪出場選手12人を決定する見込みだ。

 恩塚監督は選考の状況について、「一概には言えないが、見えてきたところはある。コンセプトに合っているかどうか。そのコンセプトをやり抜けるかどうか。良し悪しというより、合うか合わないかを評価したい」と語った。

 2021年東京五輪では男女通じて初の銀メダルを獲得。パリ五輪は7連覇中の絶対女王・米国、欧州の強豪ベルギー、ドイツと同じグループCに入った。初戦は現地7月29日の米国戦。目標は東京五輪超えの金メダルだ。同じく五輪出場権を持つオーストラリアは世界ランク3位の強豪。日本は昨年のFIBAアジアカップ1次リーグで対戦し、91-66で快勝した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集