[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平20号、超特大145mの衝撃弾! 今季MLB最長、中堅手も諦める一撃に敵地騒然 「信じられない」米記者

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロッキーズ戦で20号ソロを放った。文句なしの打球速度113マイル(約181.8キロ)、飛距離476フィート(約145メートル)の衝撃弾。今季メジャー最長の一撃になった。

ロッキーズ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ロッキーズ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

ロッキーズ戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、敵地ロッキーズ戦で20号ソロを放った。文句なしの打球速度113マイル(約181.8キロ)、飛距離476フィート(約145メートル)の衝撃弾。今季メジャー最長の一撃になった。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 中堅手もすぐに追うのをやめた。6回先頭の第3打席。相手先発ゴンバーが投じた変化球を豪快にかっ飛ばした。高々と打ちあがったボールは、クアーズフィールドのバックスクリーンへ。特大145メートルの衝撃弾だった。

 敵地は騒然。これでリーグトップに並ぶ一撃になった。X上では米記者も唖然。米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は「オオタニの20号は、彼のドジャースのリードオフマンとして2試合目で打ったものだ」と、ベッツが骨折してから2度目の1番打者としての出場だったことに注目。「それは113マイル、信じられないことに476フィートだ。オオタニはリードオフマンとしてとてもよくやっているように見える。これは今シーズンMLBの選手が放ったホームランの中で最長だ」と紹介した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集