[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本企業ロゴ入った女子バレー米国ユニの反響拡大 右胸に注目「いろんな国が採用してる」

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は16日まで北九州市の西日本総合展示場で女子第3週が行われた。日本のバレーボールファンの間で注目を集めたのが米国代表のユニホーム。日本との対戦でテレビ中継もあり、右胸にあった日本企業のロゴが話題となっていたが、「いろんな国が採用してんのな」と反響が拡大している。

バレー米国代表【写真:VNL提供】
バレー米国代表【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は16日まで北九州市の西日本総合展示場で女子第3週が行われた。日本のバレーボールファンの間で注目を集めたのが米国代表のユニホーム。日本との対戦でテレビ中継もあり、右胸にあった日本企業のロゴが話題となっていたが、「いろんな国が採用してんのな」と反響が拡大している。

 ファンの視線を集めた。米国は最終日の16日、日本に3-0(25-15、25-18、26-24)のストレート勝ち。TBS系で生中継され、日本のバレーファンたちに実力を見せつける形となった。プレー以外でファンの目を奪ったのは、ユニホームの右胸上部にあったミズノのロゴだった。同国代表は2022年からミズノのユニホームを使用しているが、地上波などで初めて見るファンにとっては、米国ブランドではなく日本企業の製品が着用されていることが新鮮だったようだ。

 X(旧ツイッター)上の日本のファンからは「日本代表もアメリカ代表もユニフォームがミズノ。なんかスゴいことじゃないの、これ…」と驚きの声が上げられていたが、反響が拡大している。

「MIZUNO快進撃」
「ミズノ結構いろんな国が採用してんのな」
「NIKEではない」
「女子バレーUSA代表のユニフォームがミズノだと? 何が起きた」

 今大会では、日本と米国をはじめ、ドミニカ共和国、カナダ、オランダらがミズノのユニホームを着用していた。ミズノ公式サイトによると、米国代表は01年から16年間ミズノとウエア及びシューズのサプライヤー契約しており、22年に5年ぶりの契約復活となっていた。VNL女子は20日からタイでファイナルラウンドが開幕。日本は同日に中国と対戦する。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集