[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷特大弾に敵地実況席「………………………………………なんて当たり」 絶叫したLAとは対照的

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、2打席連発となる18号ソロ、19号ソロを放った。3打数2安打2打点で3-0の勝利に貢献。今季自身2度目となる1試合2本塁打を、両軍の実況席は「完全に破壊した! この男は作りが違う!」「どちらも安っぽいものではない」などと驚きを持って伝えた。

ロイヤルズ戦、19号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ロイヤルズ戦、19号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ロイヤルズ戦で2打席連発

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、2打席連発となる18号ソロ、19号ソロを放った。3打数2安打2打点で3-0の勝利に貢献。今季自身2度目となる1試合2本塁打を、両軍の実況席は「完全に破壊した! この男は作りが違う!」「どちらも安っぽいものではない」などと驚きを持って伝えた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 文句なしの一打だった。0-0で迎えた3回1死走者なしの第2打席。大谷は先発右腕シンガーの真ん中低めのシンカーを捉えると、打球はあっという間に左中間スタンドへ。4試合ぶりの先制18号ソロとなり、本拠地の観客を熱狂させた。逆方向ながら、打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾。先制打に対して、両軍の実況席は対照的な反応を示した。

 米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」の実況スティーブン・ネルソン氏は「完全に破壊した! この男は作りが違う!」と絶叫。一方、米ミズーリ州地元局「バリー・スポーツ・カンザスシティ」の実況ライアン・ラフィーバー氏は「オオタニは、観客が今日待ち望んでいたものをもたらした」と伝えると、そこから15秒間も沈黙した。

 その後ようやく解説のジェレミー・ガスリー氏が「なんて疑いようのない左中間への当たりだ。彼は特別なエリートパワーを持っている」と絶賛。「ゾーンの下に落ちるシンカーをすくい上げ、18号ホームランを放った。疑いようのない打球だ。一瞬でわかる」と舌を巻いた。

 続く6回の第3打席は、シンガーの初球スライダーを一閃。右翼席に飛び込む19号ソロとなった。打球速度110.7マイル(約178.2キロ)、飛距離400フィート(約121.9メートル)、打球角度は39度をマーク。「スポーツネット・ロサンゼルス」で解説を務めるメジャー204勝右腕のオーレル・ハーシュハイザー氏は「打球角度に関してはこれが最も壮大なものかもしれない」と驚嘆した。

 続けて「着弾する前に空の遥か高くへと舞い上がりました。オー、マイ!」と唖然とした様子で“高角度弾”を描写。一方の「バリー・スポーツ・カンザスシティ」の実況ラフィーバー氏は「ショウヘイ・オオタニは今日2本目のホームランを放ちました。どちらも安っぽいものではありません」と淡々としつつも、驚きを持ってマルチ本塁打を伝えた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集