[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚異の2打席連発にドジャース番記者唖然「オオタニは信じられない」「なんてことだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。第2打席で4試合ぶりの18号ソロを放つと、第3打席でも2打席連発となる19号ソロを放った。打球速度110.7マイル(約178.2キロ)、飛距離400フィート(約121.9メートル)。1試合2発は今季2度目となる。米記者は「なんてことだ。オオタニは信じられない」と唖然としている。

ロイヤルズ戦、18号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦、18号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地ロイヤルズ戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場。第2打席で4試合ぶりの18号ソロを放つと、第3打席でも2打席連発となる19号ソロを放った。打球速度110.7マイル(約178.2キロ)、飛距離400フィート(約121.9メートル)。1試合2発は今季2度目となる。米記者は「なんてことだ。オオタニは信じられない」と唖然としている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 2打席連発で本拠地を騒然とさせた。3回1死走者なしの第2打席で先制の18号ソロを左中間に叩き込んだ大谷。打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾だった。先頭で迎えた6回の第3打席は初球を一閃。先発右腕シンガーの内角低めのスライダーを右翼席へと運んだ。打球速度110.7マイル、飛距離400フィートの19号ソロで追加点をもたらした。

 1試合2発は今季2度目。米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は自身のXで「なんてことだ、ショウヘイ・オオタニがまたやってくれた。このホームランは110.7マイル、飛距離400フィートでドジャースに2-0のリードをもたらした。最初のホームランは114.3マイル、飛距離451フィートだった。オオタニは信じられない」とつづり、驚嘆していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集