[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

18&19号大谷翔平、特大弾でメジャー「唯一」の記録が誕生 10年間で初、MLB公式記者伝える

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、2打席連発となる18号ソロ、19号ソロを放った。3打数2安打2打点で3-0の勝利に貢献。飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾となった1本目では、ドジャースタジアム初の記録が誕生していたことをMLB公式記者が伝えた。

ロイヤルズ戦、19号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦、19号を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地ロイヤルズ戦で138メートルの特大弾

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、2打席連発となる18号ソロ、19号ソロを放った。3打数2安打2打点で3-0の勝利に貢献。飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾となった1本目では、ドジャースタジアム初の記録が誕生していたことをMLB公式記者が伝えた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 打った瞬間それとわかる一打だった。0-0で迎えた3回1死走者なしの第2打席。ロイヤルズの先発右腕シンガーの真ん中低めのシンカーを捉えると、打球はあっという間に左中間スタンドへ。4試合ぶりの先制18号ソロとなり、本拠地の観客を熱狂させた。逆方向ながら、打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、飛距離451フィートの特大弾だった。

 MLB公式のサラ・ラングス記者は自身のXで「ドジャースタジアムでは、スタットキャスト測定下(2015年以降)で450フィート以上(の本塁打)が12本。これは同期間において、現存のMLB球場でペトコパークと並んで最少タイ」と特大弾が少ない球場であることを紹介。その上で「ショウヘイ・オオタニは、それを2本打っている唯一の選手だ」と10年間で初めての出来事であることを伝えた。

 大谷は続く6回の第3打席でも2打席連発となる19号ソロを右翼席に叩き込んだ。打球速度110.7マイル(約178.2キロ)、飛距離400フィート(約121.9メートル)。1試合2発は今季2度目となった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集