[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、逆方向に時速184キロ「驚異の138m弾」 米記者驚嘆「なんと素晴らしいスイングだ」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4試合ぶりの18号本塁打を放った。逆方向に打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾。米記者は「驚異の451フィート弾。なんと素晴らしいスイングだ」と絶賛した。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地ロイヤルズ戦

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4試合ぶりの18号本塁打を放った。逆方向に打球速度114.3マイル(約183.9キロ)、飛距離451フィート(約137.5メートル)の特大弾。米記者は「驚異の451フィート弾。なんと素晴らしいスイングだ」と絶賛した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 打った瞬間それとわかる一打だった。0-0で迎えた3回1死走者なしの第2打席。ロイヤルズの先発右腕シンガーの真ん中低めのシンカーを捉えると、打球はあっという間に左中間スタンドへ。4試合ぶりの先制18号ソロとなり、本拠地の観客を熱狂させた。逆方向ながら、打球速度114.3マイル、飛距離451フィートの特大弾だった。

 米専門メディア「ドジャース・ネーション」のノア・カムラス記者は自身のXで即座に反応。「ショウヘイ・オオタニはこのボールを破壊した。114.3マイル、驚異の451フィート弾を放った。今シーズン18本目のホームランで、ドジャースに1-0のリードをもたらした。なんと素晴らしいスイングだ」と驚きを持って称賛した。

 全米野球記者協会員のエリック・スティーブン記者は「ショウヘイ・オオタニは5月16日にハムストリングに牽制球を当てられてから、ゴロ率は52%(それ以前は33%)だった。デーブ・ロバーツは今日、オオタニは“回転しすぎ”ていたとし、フィールドの3分の1しか使っていないと語った」と指摘。「とにかくオオタニはセンターにホームランを放った」と不安を払拭する一打を伝えた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集