[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

28球で緊急降板、山本由伸はIL入りの「可能性高い」 上腕三頭筋の張りで交代、指揮官が状況説明

米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は15日(日本時間16日)、本拠地ロイヤルズ戦に先発登板。2回まで無失点に抑えたが、3回のマウンドには上がらず緊急降板となった。球団は「上腕三頭筋の張り」が原因であると発表。2-7で敗戦後、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は会見で「医師と相談し、明日の様子を見て、検査が必要か判断」と山本の状況を説明した。

ドジャースの山本由伸【写真:ロイター】
ドジャースの山本由伸【写真:ロイター】

本拠地ロイヤルズ戦で2回無失点も…

 米大リーグ・ドジャースの山本由伸投手は15日(日本時間16日)、本拠地ロイヤルズ戦に先発登板。2回まで無失点に抑えたが、3回のマウンドには上がらず緊急降板となった。球団は「上腕三頭筋の張り」が原因であると発表。2-7で敗戦後、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は会見で「医師と相談し、明日の様子を見て、検査が必要か判断」と山本の状況を説明した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 山本は初回に四球を1つ与えたものの3人を打ち取って無失点。2回はメレンデスに内野安打を許したものの、後続を打ち取った。しかし2回裏のドジャースの攻撃中、ベンチでロバーツ監督ら首脳陣が慌ただしくなり、ブルペンでリリーフ投手を準備させていた。山本は2回1安打無失点、僅か28球での降板になった。球団は公式Xなどで「上腕三頭筋の張り」が原因であると発表した。

 試合を中継した米カリフォルニア州地元放送局「スポーツネット・ロサンゼルス」は試合後番組でロバーツ監督の会見を放送。指揮官は山本の状況について「次のステップは医師と相談し、明日の様子を見て、検査が必要か判断すること。痛みに関しては、先発の後に数日間痛みがあったと彼は言っていた。登板を遅らせ、彼はもう十分行けると思うと話した」と説明した。

「投手とは常にコミュニケーションを取っている。シーズンを通して、痛みは常にあるもの。その時は彼も私たちも先発できると感じていた。彼を傷つけるかもしれないと感じていたら先発させることはない」と登板時点では問題ないと感じていたと言及。しかし、投げるにつれて張りが強くなったため、「2回が終わった後、三頭筋が張ったというのでプラグを抜いたんだ」と説明した。負傷者リスト(IL)入りの可能性を問われると「その可能性は高い」と回答した。

 メジャー1年目の山本は試合前まで13試合に登板して6勝2敗、防御率3.00の成績を残していた。前回7日(同8日)の敵地ヤンキース戦ではジャッジ、スタントンら強力打線を相手に7回2安打無失点の快投。4戦連続100球以上を投げていた。13日(同14日)の本拠地レンジャーズ戦に先発予定だったが、変更に。MLB公式のフアン・トリビオ記者は自身のXで「球速が全体的に落ちている」と指摘していた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集