[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大逆転負けのバレー、二枚看板・石川真佑を交代させた理由「見ての通り…」 指揮官が明確回答【ネーションズリーグ】

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は13日、北九州市の西日本総合展示場で女子の予選ラウンド第3週が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダに2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で大逆転負けした。残り5枠のパリ五輪出場権獲得はお預けに。主将・古賀紗理那と二枚看板を張る石川真佑を早々に交代させたことについて、眞鍋政義監督は「スパイク決定率、効果率が一番低い」と明確な理由を明かした。

カナダ戦に出場した日本代表の石川真佑【写真:VNL提供】
カナダ戦に出場した日本代表の石川真佑【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会は13日、北九州市の西日本総合展示場で女子の予選ラウンド第3週が行われ、世界ランク6位の日本は同10位のカナダに2-3(25-23、25-22、20-25、21-25、14-16)で大逆転負けした。残り5枠のパリ五輪出場権獲得はお預けに。主将・古賀紗理那と二枚看板を張る石川真佑を早々に交代させたことについて、眞鍋政義監督は「スパイク決定率、効果率が一番低い」と明確な理由を明かした。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 石川は第1、2セット(S)ともにスタートからコートに入ったが、第2S途中で交代。以降はタイムアウト中などもウォーミングアップをして待機したが、出番はなかった。スパイクは25回打ち、得点になったのは9回のみ。ここまで古賀とともに得点源だったが、この日は影を潜めた。

 眞鍋監督は会見で交代理由について「見ての通り、スパイク決定率、効果率が一番低いので代えました。以上です」とピシャリ。石川だけでなく、セッター岩崎こよみとアタッカー陣の呼吸が合わず「3セット目以降、岩崎のトスが少し浮いていた。スピードが遅くなってタイミングがズレていた」と振り返った。

 岩崎の起用については「まずセッターにしてはブロックが非常に高いし、サーブもある。ディフェンスも今年選んだ選手の中では上位なのでセッターに置いています」と説明した。衝立で区切られた会見場では、隣りのエリアにいたカナダチームが大歓声。コメントを遮られ、5秒ほど静まるのを待ち「カナダ、乗ってますね」と苦笑いせざるを得なかった。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集