[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚愕2ラン! まさに主役の逆方向HR、米記者衝撃「詰まらされた。それでも…」

ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、米アリゾナ州グレンデールで行われるホワイトソックスとのオープン戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で左翼席へ2ランをかっ飛ばした。新天地初戦で驚きのアーチを描き、米記者たちも「ショータイムだ」「左翼席のフェンスを越えた」と驚きの声をあげた。

ホワイトソックスとのオープン戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
ホワイトソックスとのオープン戦で本塁打を放ったドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

ホワイトソックスのオープン戦で移籍後初出場

 ドジャースの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、米アリゾナ州グレンデールで行われるホワイトソックスとのオープン戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で左翼席へ2ランをかっ飛ばした。新天地初戦で驚きのアーチを描き、米記者たちも「ショータイムだ」「左翼席のフェンスを越えた」と驚きの声をあげた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 右肘手術の心配を払拭した。3点を追う5回2死二塁、相手右腕レオンの内寄り速球を逆方向へ。やや詰まったようにも見えたが、高々と上がった打球はそのまま左翼フェンスを越えてしまった。どよめく球場。大谷は笑顔を見せた。

 X上では米記者たちも衝撃を受けた様子だった。MLB公式のドジャース番フアン・トリビオ記者は「ショウヘイ・オオタニが第3打席で2ランをぶちかました。ショータイムだ」と投稿。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のドジャース番ファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニはドミニク・レオンの内角への95マイルの速球で詰まらされたように見えた。それでも反対方向の左翼席のフェンスを超えて見せた。飛距離377フィート、打球速度102マイル」と伝えた。

 米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者も「オオタニの最初の2打席は三振と併殺打だった。第3打席:反対方向への2ラン本塁打。間違いなく今までキャメルバック・ランチで聞いた中で最も大きな声援だった」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集