[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワイヤー引きちぎった大谷翔平 新人時代知るコーチは肉体の進化に驚き「さらにデカくなった」

米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手の怪力ぶりが、首脳陣たちも驚かせている。トレーニング機器を破壊してしまうパワーを目撃したコーチは「今まで見たことがない」と驚嘆。メジャーデビュー当時を知る別のコーチも「さらにデカくなった……目に見えて彼はとてもストロングだ」と肉体の変化を証言した。米地元紙が、今季さらなる成績向上を期待できる理由を伝えている。

ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」がコーチの証言を紹介

 米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手の怪力ぶりが、首脳陣たちも驚かせている。トレーニング機器を破壊してしまうパワーを目撃したコーチは「今まで見たことがない」と驚嘆。メジャーデビュー当時を知る別のコーチも「さらにデカくなった……目に見えて彼はとてもストロングだ」と肉体の変化を証言した。米地元紙が、今季さらなる成績向上を期待できる理由を伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ワイヤーを引きちぎってしまった。米アリゾナ州グレンデールで春季キャンプに励んでいる大谷は13日(日本時間14日)、「1080スプリント」と呼ばれるトレーニング機器を使用していた。腰にハーネスを巻き、負荷抵抗をかけたワイヤーを引っ張ることでスピードの向上などを図るトレーニングだ。しかし、大谷が力強く走り出すとワイヤーが断線。前のめりに転倒する羽目になり、大きな話題となった。

 その場にいたドジャースのストレングス&コンディショニングコーチ、トラビス・スミス氏は「あれは今まで見たことがない」と驚きを持って回顧。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が「向上の準備万端? オオタニが2024年さらに大きな攻撃面の脅威になれる理由」と題する記事の中で、間近で練習を見守った首脳陣らの証言を紹介している。

 ロン・レニキー特別補佐は、トレーニング機器を破壊した大谷について「彼はただただ非常にパワフルで、力強さと素早さがある。あれだけのスピードと強さは野球界では滅多に見られるものじゃない。彼は別格。彼は異次元のアスリートだ」と驚嘆。大谷が新人だった2018年当時はエンゼルスのコーチだったディノ・イーベル三塁コーチは「彼は今、経験値が増えたが、同時にさらにデカくなった……目に見えて彼はとてもストロングだ」と肉体の進化を評した。

 昨年右肘を手術した影響で、今季は打者に専念する大谷。メジャー屈指の強力打線を誇るドジャースに移籍し、勝負を避けられる機会も減少すると見られている。記事ではライバルチームのスカウトによる今季の成績予想も紹介。40本塁打40盗塁、あるいは50本塁打超えは現実的だとする声や、OPS1.100以上をマークすることも可能と評価する声があったという。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集