[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「怪物級の1年送る」 手術明けの1年を知る元コーチが太鼓判押す理由「エ軍では…」

米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手をエンゼルス時代に指導した打撃コーチが、今季の活躍に太鼓判を押した。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「向上の準備万端? オオタニが2024年さらに大きな攻撃面の脅威になれる理由」と題する記事を掲載。トミー・ジョン手術明けの2019年シーズンを見届けた元コーチが、「ショウヘイはモンスターな1年を送ると思う」とお墨付きを与えている。

ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】
ドジャースの大谷翔平【写真:Full-Count/荒川祐史】

エンゼルスで2019年から4年間打撃コーチ務めたジェレミー・リード氏

 米大リーグ・ドジャースの大谷翔平投手をエンゼルス時代に指導した打撃コーチが、今季の活躍に太鼓判を押した。米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「向上の準備万端? オオタニが2024年さらに大きな攻撃面の脅威になれる理由」と題する記事を掲載。トミー・ジョン手術明けの2019年シーズンを見届けた元コーチが、「ショウヘイはモンスターな1年を送ると思う」とお墨付きを与えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷は昨年行った右肘手術の影響で、今季は打者に専念する見通しだ。思い起こされるのはメジャー2年目だった2019年シーズン。トミー・ジョン手術明けで投球はできず、打者としても1か月ほど出遅れた。この年から2022年までエンゼルスの打撃コーチを務めたジェレミー・リード氏は、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」の取材に対し、「身体的な面で制限が出てくるかどうか分からなかった」と当時の状況の不確かさを回顧した。

 しかし、蓋を開けてみれば大谷は新人時代の2018年よりも優れた打率.286をマーク。打数が58減ったにもかかわらず、本塁打18本、長打43本は前年と遜色ない数字だった(2018年は本塁打22本、長打45本)。リード氏は「あの怪我がありながらそれでも打てるというのは、かなり目を丸くさせるものだった」と驚嘆。「ショウヘイについて言えることは、彼ができるか否かをあなたがが疑い始めた途端、彼はあなたが間違っていることを証明してしまうことだ」と、疑念を払拭してきたことを称えた。

 4年間大谷を間近で見てきた結果、「彼には二度と制限は設けないよ。彼はそれだけ優れているんだ」と絶賛したリード氏。「もし彼が40本塁打40盗塁のシーズンを送っても、私は驚かない。実のところ『ああ、彼ならできると知ってたよ』って感じさ」と今季の活躍に太鼓判を押した。

 メジャー屈指の強力打線を誇るドジャースに移籍したことも、成績向上を期待できる要素であるとリード氏は指摘する。「(アナハイムで)彼の周囲を打っていた打者を軽く見るつもりはないが、怪我の影響でアンソニー・レンドンやマイク(トラウト)がいない時があった。今は次から次へと出てくる層の厚い打線に囲まれることになる。だから投手は休むことができない」。勝負を避けられる機会が減少するとの見解だ。

 右肘手術後の対応は2019年に経験済み。打者に専念できるため、投手としての準備の負担が減る。そして新天地で勝負してもらえる可能性も高まる。リード氏は「ショウヘイはモンスターな1年を送ると思う。彼がこれまでしたことがないようなことも、バットでやってしまうと思うよ」と怪物級のシーズンを楽しみにしていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集