[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本戦客席にいた“大河女優” 88年ぶり勝利に大興奮の投稿「手が壊れるまで叩いて…」

男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”の中国戦勝利となった。この試合は人気女優が現地観戦。観客席で応援したことを報告していた。

バスケアジア杯予選、中国を下した日本【写真:(C)FIBA】
バスケアジア杯予選、中国を下した日本【写真:(C)FIBA】

FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1

 男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”の中国戦勝利となった。この試合は人気女優が現地観戦。観客席で応援したことを報告していた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

“大河女優”も応援に駆け付けていた。観客席から声援を送っていたのは、ドラマ「光る君へ」に出演している吉高由里子さんだった。

 中国が先に主導権を握ったこの試合。高さを生かした攻撃で日本を苦しめたが、日本は得意の3ポイントシュートで反撃。38-38の同点で後半開始の笛が吹かれると、馬場やジョシュ・ホーキンソン(SR渋谷)を中心に得点を重ねて日本がリードを広げる。最後は3点差まで追い上げられるも何とか守り切り、9191人の観客が熱狂した。

 その一員となった吉高さんは、試合後に自身のX(旧ツイッター)を更新。中国戦のコートを観客席から撮影した写真を添え、「手が壊れるまで叩いて熱ぅーくなって 外でたら寒っ!!」と88年ぶり勝利に大興奮の雰囲気となった会場と屋外の差を表現していた。

 吉高さんは、昨年8月に行われたワールドカップのフィンランド戦でも「座れなかった ずっと 腰下げて ディフェンスの格好して テレビの前にいた」とXに投稿。「画面に少し映ったカンナの顔見て泣いた 皆さま感動をありがとう」と馬場雄大の妻で女優の森カンナが感極まった様子にも反応し、話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集