[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本、残り1分で飛び出たホーキンソン&比江島の連係プレーに興奮の声「これは痺れたわ」

男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。試合終了残り1分を切ろうかという場面で、日本はダブルチームの好守から得点。映像を見た日本ファンは「これで決まったと言っても過言ではない」「このダブルチーム痺れたわ」などと興奮の声が上がった。

中国戦、14得点&12リバウンドの活躍を見せたバスケ日本のジョシュ・ホーキンソン【写真:(C)FIBA】
中国戦、14得点&12リバウンドの活躍を見せたバスケ日本のジョシュ・ホーキンソン【写真:(C)FIBA】

FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1

 男子バスケットボールの「FIBAアジアカップ予選1次ラウンド Window1」第2戦が25日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ランク26位の日本が同29位の中国に76-73で勝利し、開幕2連勝を飾った。試合終了残り1分を切ろうかという場面で、日本はダブルチームの好守から得点。映像を見た日本ファンは「これで決まったと言っても過言ではない」「このダブルチーム痺れたわ」などと興奮の声が上がった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 苦しい時間に2人がチームを救った。3点差に追い上げられた日本。悪い流れを断ち切ったのはホーキンソン、比江島のダブルチームだった。センターライン付近でボールを持った相手に猛然と迫り、見事にスティール。そのままホーキンソンが豪快にダンクを叩き込んだ。残り1分9秒で5点差に広げる得点。試合の流れからしても大きなプレーだった。

 実際の映像をアジアカップ公式Xが公開。日本のファンも興奮の声を上げ「この残り時間と点差でたかちゃんとまことさんのダブルチームからの得点はめちゃくちゃデカかったと思う」「これで決まったと言っても過言ではない」「このダブルチーム痺れたわ」「これ本日の私の泣きどころの1つ」「いい流れをこの時間に取り戻した…!」「これぞチームスポーツ」などとコメントが集まっていた。

 FIBA公式サイトによると、日本がアジア大会以上の国際大会で中国に勝利したのは1936年のベルリン五輪が最後。“88年ぶり”の中国戦勝利となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集