[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国の専門メディアが分析、卓球ニッポン女子3人の評価は 「伊藤が最も典型的」と特徴も指摘

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。大苦戦の末に勝利した中国の地元メディアは、日本チームの強さを分析。「日本の女子選手はますます全面的に資質をそろえ、実力の面で、中国卓球の主力選手にますます接近してきている」と実力伯仲となりつつあることを伝えている。

世界卓球で銀メダルを獲得した日本女子チーム【写真:ロイター】
世界卓球で銀メダルを獲得した日本女子チーム【写真:ロイター】

世界卓球団体戦・女子決勝

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は24日、女子決勝が行われ、日本が5連覇中の絶対女王・中国と対戦し、53年ぶりの世界一まであと1勝に迫りながら逆転で2-3で敗れた。5大会連続の銀メダルとなった。金メダルは中国、銅メダルはフランスと香港が獲得した。大苦戦の末に勝利した中国の地元メディアは、日本チームの強さを分析。「日本の女子選手はますます全面的に資質をそろえ、実力の面で、中国卓球の主力選手にますます接近してきている」と実力伯仲となりつつあることを伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 第1試合で15歳の張本美和が世界ランク1位・孫穎莎にストレート負けを喫したものの、第2試合で早田ひなが東京五輪金メダリストの世界ランク3位・陳夢を3-1で撃破。さらに平野美宇も王芸迪をストレートで破り、優勝まであと1勝に迫った。ただ、第4試合で早田が孫穎莎とのエース対決をストレートで落とすと、すべてをかけた第5試合は張本が陳夢に第1ゲームを先取。2、3ゲームを落とし、迎えた第4ゲームも接戦となったが、最後は力尽きた。

 中国の専門サイト「卓球ネット」は、日本戦で中国が苦戦した背景とともに、日本の選手たちの能力を認める分析記事を掲載した。「日本チームは、2000年代以降に生まれた伊藤美誠、平野美宇から、攻撃、果敢に挑みかかる打法を強調するようになった」と、攻撃的なスタイルに変化してきたことに注目した。

「伊藤が最も典型的だ。ミスがあろうがなかろうが、積極的に挑む」と東京五輪で3つのメダルを獲得した伊藤が最も特徴的だったと指摘。一方で守備面に問題があったとしながら「現在の日本チームの三大主力:早田ひな、平野美宇、張本美和はいずれも両面アンチラバーの打法で、攻守のバランスが取れている」と中国戦に登場した3人はバランスがとれている選手であるとした。

 日本勢最高の世界ランク5位に位置する早田については「初めはバックハンドが強かったが、その後フォアの不足も補うことに成功して、『日本女子の第一人者』となった」とその成長ぶりを評価。早くから台頭した平野には「当初から鋭い攻撃を見せ、スピーディだったが、その後、苦しい脱皮の時を経て、守りの問題も解決することに成功した」と苦しい時期を経て攻守ともに磨きがかかったと分析している。

 15歳にして世界卓球デビューし、堂々の戦いを見せた張本には「攻撃を強調する一面を持つと同時に、大変強い守りの能力、反撃能力も持ち合わせている」とこの若さで持つ攻守両面の実力を評価されていた。「つまり、日本の女子選手はますます全面的に資質をそろえ、実力の面で、中国卓球の主力選手にますます接近してきている。彼女たちは伊藤美誠と年齢は変わらないが、すでに伊藤美誠のグレードアップ版である」ともつづられている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集