[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

11連覇狙う中国、韓国に大苦戦も3-2で決勝進出! 先に2勝許す波乱の展開…世界1位が2勝の大活躍【世界卓球】

世界卓球団体戦は24日、韓国・釜山で男子準決勝が行われ、10連覇中の中国が開催国・韓国を相手に大苦戦。先に2勝を許すも、3-2で何とか決勝進出を果たした。25日、フランスと台湾の勝者と11連覇を懸けて戦う。

中国の樊振東【写真:ロイター】
中国の樊振東【写真:ロイター】

世界卓球・男子準決勝

 世界卓球団体戦は24日、韓国・釜山で男子準決勝が行われ、10連覇中の中国が開催国・韓国を相手に大苦戦。先に2勝を許すも、3-2で何とか決勝進出を果たした。25日、フランスと台湾の勝者と11連覇を懸けて戦う。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 中国は第1試合に世界ランク2位の王楚欽が登場。相手は世界14位のチャン・ウジンだった。チャン・ウジンの得点の度に、開催国・韓国のファンは大盛り上がり。勢いに乗って第1ゲームは11-7でチャン・ウジンが先取した。続く第2ゲームは2-11で取られたものの、第3ゲームは13-11と粘り勝ち。第4ゲームも11-6で制し、韓国が先に1勝を手にした。

 続く第2試合は世界1位の樊振東と同18位イム・ジョンフンが対戦。ここは世界No.1の貫録を見せ、3-0(11-8、11-6、11-8)で樊振東がストレート勝ちを収めたが、第3試合は同27位イ・サンスが五輪で計5つの金メダルを獲得している同3位の馬龍を撃破。フルゲームに持ち込まれる熱戦だったが、最後は11-4と会心の出来。3-2(11-7、4-11、13-11、6-11、11-4)の金星で、韓国が2-1と決勝進出に王手をかけた。

 第4試合は樊振東がチャン・ウジンを相手に3-0(11-6、11-7、12-10)のストレート勝ち。勝負の第5試合は王楚欽とイム・ジョンフンの戦いになったが、王楚欽が危なげなく3-0(11-5、11-7、11-6)のストレート勝ち。大苦戦の末に、中国が逆転で決勝進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集