[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳・松島輝空、中国世界1位に惜敗も大善戦 第1G先取から激戦…歴史的金星までわずか【世界卓球】

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は22日、男子準々決勝が行われ、チーム世界ランク3位の日本が同1位の王者・中国と対戦した。第1試合は初出場となった世界ランク33位の16歳・松島輝空が同1位・樊振東と激突。第1ゲームを先取する大奮闘をみせたが、最後は1-3で惜敗した。

樊振東と対戦し、大奮闘をみせた松島輝空【写真:ロイター】
樊振東と対戦し、大奮闘をみせた松島輝空【写真:ロイター】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は22日、男子準々決勝が行われ、チーム世界ランク3位の日本が同1位の王者・中国と対戦した。第1試合は初出場となった世界ランク33位の16歳・松島輝空が同1位・樊振東と激突。第1ゲームを先取する大奮闘をみせたが、最後は1-3で惜敗した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 松島は東京五輪、昨年世界選手権シングルスを制した絶対王者に対し、第1ゲーム(G)序盤はリードを許したが、6-7からサーブで得点。同点で雄叫びを上げた。7-10からデュースに持ち込み、バックドライブで12-11で逆転。続けてチキータで第1Gを獲り切った。

 第2Gは王者の勢いに押される展開。3-8から相手の連続スマッシュで後退させられたが、ロビングで凌ぐとカウンターで応戦した。相手の返球がネットとなり、場内は拍手喝采。その後もノータッチエースや強烈なチキータを決めた。6-10からまたも追いついてみせたが、10-12でゲームカウント1-1に。第3Gは開始から3連続ポイント。一度追いつかれたが、3-3から4連続得点でリードを広げた。

 しかし、9-6から逆転を許すと、デュースに持ち込んだ末に10-12で落とし、がっくりと肩を落とした。第4Gも一進一退の攻防。中盤まで1点差でくらいついたが、6-11で最後は届かなかった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集