[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Vリーグ東京GB、最終S正念場の「35-33」超熱戦で競り勝てた理由 柳田将洋「1点に対する執着心ですかね」

バレーボールのVリーグ1部男子が18日、東京・代々木第2体育館などで行われ、7位の東京グレートベアーズ(GB)が10位のVC長野トライデンツに3-1(23-25、25-20、25-23、35-33)で競り勝った。東京はホーム連勝で今季11勝目(17敗)。逆転での初のファイナルステージ(6位以内)進出へ望みを残した。

歓喜する東京グレートベアーズ【写真:中戸川知世】
歓喜する東京グレートベアーズ【写真:中戸川知世】

VC長野トライデンツ相手にホーム連勝でファイナルステージ進出に望み

 バレーボールのVリーグ1部男子が18日、東京・代々木第2体育館などで行われ、7位の東京グレートベアーズ(GB)が10位のVC長野トライデンツに3-1(23-25、25-20、25-23、35-33)で競り勝った。東京はホーム連勝で今季11勝目(17敗)。逆転での初のファイナルステージ(6位以内)進出へ望みを残した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 相手の粘りに第1セット(S)を落とした東京GBだったが、第2S以降は地力の差を見せつけた。第2Sは、23-23からエース柳田将洋の2本連続サービスエースで奪取。サイドアウトの繰り返しでもつれた第4Sは、内定選手の後藤陸翔(近大)の活躍で勝ち切った。

 柳田は「1点に対する執着心ですかね」と競り勝てた理由を説明した。「タフな試合だったけれど、ファイナルにつなげられたかなと」と逆転での6位以内を意識。この日、1時間早く試合があった6位の東レが勝利していただけに「絶対に負けられない試合だった」と振り返った。

 第4S、激しい点の奪い合いに会場はヒートアップした。観客は前日を超える2749人。2時間30分近い試合を終えたカスパー・ヴオリネン監督は「ショーのような試合で、スタンドのファンは楽しんだはず」と強がった。しかし、負ければファイナルが遠のく試合。「必ず勝たなければいけなかった」と本音も口にした。

 レギュラーラウンドの残りは、東レとの直接対決2試合を含め8試合。「チームは成長しているし、まだ成長できる」とヴオリネン監督。「先を見るのではなく、次の試合、次のボールに集中してやっていく」とファイナルステージ進出に向けて話していた。(荻島 弘一)

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集