[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

張本智和「初戦でみんな良いプレーできた」 日本男子まさかの不戦勝から2連勝、世界卓球デビュー2人が躍動

世界卓球団体戦(韓国・釜山)は17日、男子グループリーグ第2戦で日本はチェコに3-0で快勝した。前日はまさかの不戦勝となったが、初めての実戦を勝利で飾り、開幕2連勝とした。

張本智和【写真:Getty Images】
張本智和【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(韓国・釜山)は17日、男子グループリーグ第2戦で日本はチェコに3-0で快勝した。前日はまさかの不戦勝となったが、初めての実戦を勝利で飾り、開幕2連勝とした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 先陣を切ったのはエースの張本智和。ポランスキーを相手に第1ゲームから11-5、11-1と圧倒。「チョレイ!」を再三響かせた。第3ゲームは10-12で落としたものの、第4ゲームを11-8でしっかりと取って、日本に1点をもたらした。

 その勢いに世界卓球デビューの2人も続いた。第2試合に登場した篠塚大登はヤンカリクに11-5、11-5、11-4のストレート勝ち。最年少16歳の松島輝空もベリークを11-2、11-6、11-7と寄せ付けなかった。

 前日のグループリーグ初戦のナイジェリア戦はまさかの不戦勝となり、1日遅れの“開幕”。いずれも世界ランクでは格下の相手だったが、3人とも危なげない内容で上々の滑り出しとなった。18日の第3戦・台湾戦へ弾みをつけた。

 試合後、インタビューに応じた張本は「昨日(試合が)なかったので、初戦でみんな良いプレーできてよかった」と第一声。個人の試合については「初戦だったので緊張もあったし、相手のいいプレーありながら勝ち切れてよかった」と安堵した。

 篠塚は「世界卓球は初めてで緊張してしまったけど、自分が思った以上に良いプレーできてよかった」と言い、松島も「自分も初めての出場ではじめは少し緊張したけど、自分が思った以上に良いプレーができた」と言葉を重ねた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集