[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強・中国卓球女子、世界1、2位が黒星も…母国ファンは“上から目線”「負けておくのは悪いことではない」

卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕し、優勝候補筆頭の中国が初戦でインドに冷や汗をかかされながらも、3-2の辛勝を収めた。第1試合では世界ランキング1位の孫穎莎が同155位のアイヒカ・ムカルジーに1-3で屈し、同2位の王芸迪も同49位のスリージャ・アクラにストレート負け。最後は同4位の王曼昱がこの試合2勝目を挙げ、敗戦を逃れた形となった。

第1試合でインド選手に敗れた中国の孫穎莎【写真:ロイター】
第1試合でインド選手に敗れた中国の孫穎莎【写真:ロイター】

世界卓球選手権・団体戦が開幕

 卓球の世界選手権団体戦が16日、韓国・釜山で開幕し、優勝候補筆頭の中国が初戦でインドに冷や汗をかかされながらも、3-2の辛勝を収めた。第1試合では世界ランキング1位の孫穎莎が同155位のアイヒカ・ムカルジーに1-3で屈し、同2位の王芸迪も同49位のスリージャ・アクラにストレート負け。最後は同4位の王曼昱がこの試合2勝目を挙げ、敗戦を逃れた形となった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大会初日からジャイアントキリングの連続だった。第1試合に登場したエースの孫だったが、第1ゲームから大接戦。デュースの末に10-12で落とすと、最後まで流れをつかめずに敗戦。第2試合は同4位の王曼昱が3-1で勝ったが、第3試合では同2位の王芸迪が同49位のスリージャ・アクラに0-3のストレート負け。第4試合は孫がバトラを下し、第5試合も王曼昱がムカルジーをストレートで退けて、何とか卓球王国の面目を保った。

 中国メディア「ジーボーバ」は第1試合で孫が敗れた直後に「大波乱!世界卓球女子団体で孫頴莎が1対3でインド選手に敗れる」と速報。ファンからは「意外すぎる」「信じているよ」といった驚きや激励の声が上がった一方、「何回か負けておくのは悪いことではない。慌てることはない」「他の人にも希望を与えておかないと、誰も中国とは卓球をしてくれなくなる!」「女子卓球は男子サッカーとは違う。安心して見ていればいい」といった余裕の声が上がっている。

 中国版SNS「ウェイボー」上でも「面白いと思う。また問題に遭遇した。沙沙(孫頴莎の愛称)にはうまく調整して、この問題をうまく乗り越えてほしい」「いろいろな問題に遭遇するのはいいことだと思う。パリ五輪の前にたくさん問題を解決しておくのはいいことだ」など“上から目線”のコメントが続々。「相手の打法が特殊すぎる。中国チームにはあんな打法の選手はいない。きっと、この大会が終わったら、こういう打法の練習相手が誕生するだろう」といった予測もされている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集