[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平移籍に初言及した兄貴分トラウトの言葉 日本ファン感銘「泣かせるなよ」「人格者です」

米大リーグのエンゼルスで、大谷翔平投手と6年間ともにプレーしたマイク・トラウト外野手が“相棒”の移籍について初めて口を開いた。オフのフリーエージェント(FA)を控えて移籍が取りざたされていた昨季、すでに「何となくドジャースに行くのではないか」と感じていたのだと米メディアに明かした。大谷の活躍に期待を寄せる言葉に日本ファンからは「泣かせるなよ~」「もう様式美ですよね…」など、感動の声が上がっている。

6年間ともにプレーしたマイク・トラウト(右)と大谷翔平【写真:ロイター】
6年間ともにプレーしたマイク・トラウト(右)と大谷翔平【写真:ロイター】

トラウトからのメッセージに反響

 米大リーグのエンゼルスで、大谷翔平投手と6年間ともにプレーしたマイク・トラウト外野手が“相棒”の移籍について初めて口を開いた。オフのフリーエージェント(FA)を控えて移籍が取りざたされていた昨季、すでに「何となくドジャースに行くのではないか」と感じていたのだと米メディアに明かした。大谷の活躍に期待を寄せる言葉に日本ファンからは「泣かせるなよ~」「もう様式美ですよね…」など、感動の声が上がっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 沈黙を貫いてきたトラウトがついに口を開いた。エンゼルスの地元ラジオ局「AM830」のポッドキャスト番組に出演し、大谷の移籍について問われると、「昨年1年間、何となくドジャースに行くのではないかという予感はしていた」とコメント。ドジャースを新天地に選んだことについては、「良かったと思うよ。彼はドジャースにふさわしいと思う。どうなるか、そのうちわかるよ」と今季の活躍に期待を寄せた。

 大谷の移籍が決まってから、公にはコメントをしてこなかったトラウト。ただ、大谷のMVP決定後には「劇的な年をおめでとう。本当に受賞に値するMVPだ。誇りに思うぜ、ブラザー、ショウヘイ・オオタニ」とインスタグラムで祝福するなど、ともに戦ってきた大谷にはリスペクトも示してきた。

 X上の日本ファンからは、今回のトラウトのコメントに「泣かせるなよ~」「もう様式美ですよね…」「トラウトって本当に最高の選手だよ。プレーも性格も。一生応援するわ兄貴」「トラウトの声聞いたらすごく悲しくなってきた。やっぱりトラウトがいい」「やっぱりトラウト選手も人格者ですね」などと反響が集まっていた。

 ともにプレーした6年間、大谷とトラウトは打順が並ぶことが多く、名コンビ“トラウタニ”としてグラウンド内外でのやりとりも注目されてきた。大谷が右ひじ手術からの再起を目指す今季、兄貴分だったトラウトにとってもまた昨季の左有鈎骨骨折からの復活がかかる。それぞれのプレーから目が離せない。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集