[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1決勝で首位にも立った角田裕毅は「10点満点」 海外メディア称賛「今週末のスターだった」

自動車レースのF1今季最終戦アブダビGPは26日、決勝が行われ、6番グリッドからスタートしたアルファタウリの角田裕毅は8位でフィニッシュし、4ポイントを獲得した。一時、キャリア初のラップリーダーを記録する走りで、ドライバー・オブ・ザ・デイにも初選出。海外メディアは「今週末のスターだった」と10点満点の評価を与えた。

アルファタウリの角田裕毅【写真:Getty Images】
アルファタウリの角田裕毅【写真:Getty Images】

アブダビGP

 自動車レースのF1今季最終戦アブダビGPは26日、決勝が行われ、6番グリッドからスタートしたアルファタウリの角田裕毅は8位でフィニッシュし、4ポイントを獲得した。一時、キャリア初のラップリーダーを記録する走りで、ドライバー・オブ・ザ・デイにも初選出。海外メディアは「今週末のスターだった」と10点満点の評価を与えた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ほとんどのドライバーが2ストップを選択する中、1ストップで粘り強く走り抜いた。6番グリッドからスタートした角田は、他のマシンが続々とピットインする中でもステイアウト。18周目から22周目まで、5周にわたってリードラップを記録した。日本人では2004年の佐藤琢磨以来、2人目の快挙だった。

 8番手で迎えた最終ラップでは、7回の世界王者を誇るメルセデスのルイス・ハミルトンに一時オーバーテイクを許すも即座に抜き返し、8番手を死守してチェッカー。粘り強い走りを見せた角田は世界のファンから24.2%の得票を得て、自身初のドライバー・オブ・ザ・デイにも選出された。

 英モータースポーツ専門メディア「クラッシュ・ネット」は「アブダビのドライバーレーティング:ユウキ・ツノダは、彼がなぜ2025年のレッドブルから見過ごされるべきではないのかを示した」と題する記事を公開。F1ジャーナリストのコナー・マクドナー記者が、各ドライバーを10点満点で評価した。

 角田は今季19度目の優勝を果たしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と並ぶ10点満点の最高評価。「今週末のスターだった。予選では6位、力強いポイントで支持を受けた。1ストップ戦略はそれほどうまくいかなかったが、彼は最後のラップでなんとかハミルトンを振り切った」と称賛した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集