[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人4人目のNBA入りは「間違いなくある」 富永啓生の大学HCが断言「NBA幹部はみんな…」

米プロバスケットボール(NBA)入りを目指して全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1・ネブラスカ大で奮闘する富永啓生を、米スポーツ専門局「ESPN」が特集した。今夏の男子バスケットボール・ワールドカップ(W杯)では、日本代表の2024年パリ五輪出場権獲得にも貢献。間近で見守る同大ヘッドコーチ(HC)は、NBA入りの可能性は「間違いなくある」と断言している。

ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】
ネブラスカ大に所属する富永啓生【写真:Getty Images】

米スポーツ専門局「ESPN」が富永啓生を特集

 米プロバスケットボール(NBA)入りを目指して全米大学体育協会(NCAA)ディビジョン1・ネブラスカ大で奮闘する富永啓生を、米スポーツ専門局「ESPN」が特集した。今夏の男子バスケットボール・ワールドカップ(W杯)では、日本代表の2024年パリ五輪出場権獲得にも貢献。間近で見守る同大ヘッドコーチ(HC)は、NBA入りの可能性は「間違いなくある」と断言している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 ESPNは「日本のケイセイ・トミナガはネブラスカ州リンカーンで2つ目のホームを見つけた」と題して特集。NBAの名シューターになぞらえ、“日本のステフィン・カリー”の異名を持つ22歳に脚光を浴びせた。

 日本人4人目のNBA選手を目指す富永は、今夏のNBAドラフトにアーリーエントリー。最終的にはエントリーを取り下げてネブラスカ大への復帰を選択したが、5月にはペイサーズのプレドラフト・ワークアウト(ドラフト前練習)にも参加した。同大のフレッド・ホイバーグHCは、NBAの球団幹部の間でも注目は高まっていると明かす。

「我々の体育館に入ってくるNBAの幹部はみんな、私にケイセイについて話してくる。『彼の天井は?』『彼はNBA選手になれるか?』とね。もちろんさ。彼のシュートの打ち方、ボールを持っていない時の動き方……3ポイントシュートを決められる男が必要で、彼にはそれができる。彼がNBAに辿り着くチャンスはあるかって? 間違いなくあるよ」

 自身もNBAで10年間プレーし、ティンバーウルブズでフロントオフィスを、ブルズでHCを歴任したホイバーグHCも太鼓判を押した。

 富永は愛知・桜丘高卒業後、NJCAA(全米短期大学体育協会)のレンジャー・カレッジに進学し、2021-22シーズンからネブラスカ大へ編入。同大のあるリンカーンでは既に「ロックスター」並の人気を誇るという。大学3年目の今季は11月6日(日本時間7日)に始まったばかり。念願のNBA入りへアピールを続けたいところだ。





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集