[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の10代ペアに卓球王国・中国でも衝撃走る 最強女王の敗北で「ビックリ」「張本は脅威だ」

杭州アジア大会・卓球は30日、女子ダブルス準々決勝に張本美和、木原美悠ペアが出場。世界大会2連覇の中国・孫頴莎、王曼昱ペアを3-1で撃破。15歳の張本、19歳の木原がシングルス世界ランク1位の孫、同3位の王のペアを撃破するという大金星を挙げ、銅メダル以上が確定した。敗れた中国にも衝撃が走り、「レベル的に、かなり追い付かれている」「金メダルまでとられそうで、心配」と多数の反響が集まっていた。

張本美和(左)と木原美悠【写真:Getty Images】
張本美和(左)と木原美悠【写真:Getty Images】

杭州アジア大会

 杭州アジア大会・卓球は30日、女子ダブルス準々決勝に張本美和、木原美悠ペアが出場。世界大会2連覇の中国・孫頴莎、王曼昱ペアを3-1で撃破。15歳の張本、19歳の木原がシングルス世界ランク1位の孫、同3位の王のペアを撃破するという大金星を挙げ、銅メダル以上が確定した。敗れた中国にも衝撃が走り、「レベル的に、かなり追い付かれている」「金メダルまでとられそうで、心配」と多数の反響が集まっていた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 日本の若き2人が大金星を掴んだ。地元・中国ファンが大勢詰めかけ、「加油!」の大声援が降り注がれるアウェーの雰囲気。第1ゲームはいきなり互角以上に打ちあって11-9と先取した。第2ゲームは女王の貫禄を見せつけられて5-11で落としたものの、第3ゲームは11-7で奪い、メダル確定に王手をかけた。迎えた第4ゲーム、9-9と同点で迎えた場面で張本が得点を奪ってマッチポイントを迎えると、最後も日本がポイント奪取。3-1で勝利した2人はガッツポーズを作り、ハグで喜び合った。

 世界最強の中国ペアを、日本の10代の2人が打ち破るという歴史的な勝利。X上の日本ファンは大いに沸いたが、敗れた卓球王国・中国のファンにも衝撃が走っていた。中国メディア「ジーボーバ」が「卓球女子ダブルス準々決勝で孫頴莎/王曼昱が1-3で張本美和/木原美悠に敗れる」と速報。この記事に多数のコメントが寄せられた。

「これは大ニュース」
「負けるとダメだダメだと責めるけど、勝っても褒めない」
「卓球で日本に負けたら駄目だよね。これ、国のために戦っているのに」
「なんと、負けたとは、びっくりした」
「黙って、黙って。競技スポーツには勝利ばかりじゃなくて敗北もある。負けても練習を続ければそれでいい。卓球チームが勝ち続けても、誰も何も言わないのに、1回負けると大騒ぎ」
「アジア大会では前にも負けている。永遠に勝ち続けることは誰にだってできない」
「中国の実力が落ちたというよりは、日本のレベルが上がったってことだ。卓球にしても、バドミントンにしても、もともとは差が大きかったのに」
「試合を見たけれど、中国の2人、まったく協力ができていない。それに比べて、日本は暗黙の了解ができているように見えた」
「孫と王の2人のスタイルは実はマッチしていないと思う。この試合は、相手の2人が中国の2人より息があっていたってことだと思う。個人個人を見れば、やっぱり、相手より上だ」

 特に15歳・張本の実力に驚いたファンが多かったようで「張本美和にはもともと注意すべきだった。オリンピックの場でなくてよかった」「レベル的に、かなり追い付かれていると思う」「金メダルまでとられそうで、心配」「中国チームに脅威となるのは張本智和じゃなくて、張本美和だ」などと言った声も書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集