[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20号到達の鈴木誠也を米メディア絶賛 9月打率.370&7HR、PO争う最終盤で爆発「真価を発揮」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が22日(日本時間23日)、本拠地ロッキーズ戦に「6番・右翼」で先発出場。20号2ランを含む4打数3安打3打点の活躍で、6-0の勝利に大きく貢献した。メジャーの日本人選手としては3人目、右打者では初の20号到達。9月は打率.370、7本塁打、22打点、OPS1.170と絶好調だ。プレーオフ進出へ負けられない時期で、米メディアは「一番必要としている時に真価を発揮」などと絶賛している。

20号2ランを放ったカブス・鈴木誠也【写真:ロイター】
20号2ランを放ったカブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

メジャー日本人3人目の20号到達

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が22日(日本時間23日)、本拠地ロッキーズ戦に「6番・右翼」で先発出場。20号2ランを含む4打数3安打3打点の活躍で、6-0の勝利に大きく貢献した。メジャーの日本人選手としては3人目、右打者では初の20号到達。9月は打率.370、7本塁打、22打点、OPS1.170と絶好調だ。プレーオフ進出へ負けられない時期で、米メディアは「一番必要としている時に真価を発揮」などと絶賛している。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 プレーオフ進出を目指すカブスで、誠也のバットが止まらない。0-0で迎えた初回にいきなり左前適時打で先制点をもたらすと、4回無死一塁の第2打席では外角高めを豪快に振り抜いた。リードを広げる左中間への20号2ラン。これで大谷翔平、松井秀喜に続く日本人3人目のMLBシーズン20号到達となった。右打者ではこれまで井口資仁、城島健司の18本が最多だったが、鈴木が初の大台となった。

 ワイルドカード争いの真っ只中にあるカブスにおいて、9月爆発中の鈴木の存在感は増すばかりだ。米イリノイ州地元放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」も、「カブスは一番必要としているときにセイヤ・スズキが真価を発揮するところを見る」との見出しで記事を掲載し、重要なシーズン終盤での活躍ぶりに脚光を浴びせた。

「スズキは今月、灼熱の期間を送っている。9月に打率.370、出塁率.429、長打率.741、7本塁打、22打点を記録。金曜日には4打数3安打でカブスの最初の3打点を叩き出した」と好成績を伝えている記事では「これは8月に打率.321、OPS1.006をマークした後に起こったことだ」と8月から成績が上向いていることを指摘。この日の試合後に「自信というものはパワフルなものだ」と称賛を送ったロス監督は、こうも語ったという。

「自分が重荷を背負わないと、と感じる必要がない勝てるチームにいて、自分にプレッシャーをかけすぎることなく、自由にプレーしている。彼にとって本当にナイスな試合だった。巨大なホームランだった。彼はとてもいいスイングをしている」

 さらにカブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」も「セイヤ・スズキとジャレッド・ヤングが本塁打!」との見出しをつけた記事の中で「今季20号を放ったセイヤ・スズキから、これ以上の後半戦を求めることは本当にできない」「彼はほぼ2か月間に渡って、球界最高のスラッガーだ」と鈴木を絶賛。プレーオフ進出圏内にいるカブスにとって、もはや欠かせない存在となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集