[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、ベッツ&ターナー超える驚異の長打率.701に米メディア脚光 8月以降はリーグトップ

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦に「6番・右翼」で先発出場。3打数1安打1打点もチームは7-13で敗れた。それでも、8月以降は好調を維持。米メディアはナ・リーグでトップとなる驚異の長打率に脚光を浴びせている。

カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】
カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

本塁打も9月だけで6本

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手は20日(日本時間21日)、本拠地パイレーツ戦に「6番・右翼」で先発出場。3打数1安打1打点もチームは7-13で敗れた。それでも、8月以降は好調を維持。米メディアはナ・リーグでトップとなる驚異の長打率に脚光を浴びせている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 8月に入ってから鈴木のバットが火を噴いている。同月の打率は.321で二塁打6本、三塁打2本、本塁打5本を放ち13打点も記録。9月に入っても勢いは止まらず、20日のパイレーツ戦を終えた時点で同月の打率は.375。二塁打7本、三塁打1本、本塁打6本で打点も19をマークしている。

 驚きは長打率だ。8月1日から9月20日の試合前までの時点で.701としており、少なくとも100打席以上に立った選手の中ではナ・リーグ1位。次点はドジャースのムーキー・ベッツ外野手の.683、さらにフィリーズのトレイ・ターナー内野手が.667で続いている。

 カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」は公式Xでスタッツを紹介。文面では「セイヤ、スーパースターだ」と絶好調男を称賛した。日本のファンからは「すげえw」「世界の誠也」「日本の4番をナメたらいかんぜよ」と喝采が送られたほか、「ベッツやターナーより上なのに6番なの意味わからん」「これを6番で使うなよ」「こんな最強スラッガーがなぜ6番を打っているのでしょうか」と打順を不思議がる声も寄せられていた。

 鈴木は前日の同カードで19号を放ち、日本人右打者のシーズン最多本塁打を記録。プレーオフ進出を目指すチームで欠かせない戦力になっている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集