[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「クボ、クボ、クボ…」の文字並んだドイツ誌速報 「レアル大苦戦」「制御不可」と混乱ぶり表現

海外サッカー、スペイン1部リーガ・エスパニョーラ第5節が17日(日本時間18日)に行われ、レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は名門レアル・マドリード戦にスタメン出場。先制ゴールを演出するなど前半から存在感を見せつけた。試合は1-2で逆転負けしたものの、久保の活躍は国外でも話題に。ドイツメディアは「とりわけクボに苦戦を強いられている」「クボに手を焼く」といった表現でプレーをクローズアップしていた。

レアル・マドリード戦に出場したレアル・ソシエダのMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・マドリード戦に出場したレアル・ソシエダのMF久保建英【写真:Getty Images】

レアル・マドリード戦で活躍

 海外サッカー、スペイン1部リーガ・エスパニョーラ第5節が17日(日本時間18日)に行われ、レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は名門レアル・マドリード戦にスタメン出場。先制ゴールを演出するなど前半から存在感を見せつけた。試合は1-2で逆転負けしたものの、久保の活躍は国外でも話題に。ドイツメディアは「とりわけクボに苦戦を強いられている」「クボに手を焼く」といった表現でプレーをクローズアップしていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 古巣相手に実力を遺憾なく発揮した。前半5分、右サイドでボールを受けると左足でゴール前へ。相手DFの間を通す絶妙なパスが通り、バレネチェアの先制ゴールを演出した。さらに11分にはエリア外から左足で強烈なミドル。相手ゴール左隅に突き刺さるゴラッソを決めたかに見えたが、オフサイドで幻となった。終了間際にはレアルの元ドイツ代表トニ・クロースの股を抜いて突破を図り、ファウルを受けてイエローカードを誘発した。

 ソシエダは後半開始早々に失点し、同15分にもゴールを奪われて勝利を逃したが、久保の活躍ぶりはドイツでも注目された。スポーツ専門誌「キッカー」ライブスコアでは、前半から「クボ」の名前が並んだ。

 先制点のシーンでは「久保がレアル守備陣のスペースを突いてペナルティエリアの手前から完璧なパスを通した」。前半29分は「クボが右サイドでクロースを振り切り、止められないままペナルティエリアへと走り込みシュート。これはGKが見事な反応で止めた」。前半31分も「アウェーチームが2-0を狙う!またしてもクボ。消極的なレアルが彼をコントロールできずにいる」とし、前半アディショナルタイムでも「すばしっこいクボがクロースを股抜きしてあしらい、元ドイツ代表から倒された」と記した。ハーフタイムの総括も「レアルはとりわけクボに苦戦を強いられている」と、とにかく「クボ」の名前が並んだ。

 ベルリンの地元紙「ベルリーナ・ツァイトゥング」は欧州チャンピオンズリーグで地元のウニオン・ベルリンとレアル・マドリードが20日(日本時間21日)の第1節で対戦することもあって、試合に注目。だが、そこでも目立ったのは久保で、「クロース、クボに手を焼く」といった視点で内容を紹介した。記事内では「クロースだけでなく、フラン・ガルシアもサンセバスチャンのサイドアタッカー、タケフサ・クボに大苦戦。日本人選手はあらゆるところに顔を出し、この上なくクレバーなパスでバレネチェアのゴールもお膳立てした」と好パフォーマンスの久保をたたえている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集