[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、確信歩きの18号に敵地実況席も脱帽 井口&城島に並ぶ128m弾「火星へ着弾させた」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が15日(日本時間16日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に「6番・DH」で先発出場。9回に今季18号2ランを放った。これでMLBの日本人右打者では2006年の井口資仁(ホワイトソックス)、同年の城島健司(マリナーズ)に並び、シーズン最多本塁打となった。4打数1安打2打点で、試合は4-6で敗れたが、敵地実況席も「スズキがこの一発を火星へ着弾させた」と伝えている。

9回に今季18号2ランを放ったカブスの鈴木誠也【写真:Getty Images】
9回に今季18号2ランを放ったカブスの鈴木誠也【写真:Getty Images】

ダイヤモンドバックス戦の9回に2ラン

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が15日(日本時間16日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に「6番・DH」で先発出場。9回に今季18号2ランを放った。これでMLBの日本人右打者では2006年の井口資仁(ホワイトソックス)、同年の城島健司(マリナーズ)に並び、シーズン最多本塁打となった。4打数1安打2打点で、試合は4-6で敗れたが、敵地実況席も「スズキがこの一発を火星へ着弾させた」と伝えている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 打った瞬間に分かる一撃だった。1-6の9回1死一塁で迎えた第4打席。左腕ネルソンの内角変化球を思い切り引っ張ると、打球は左翼席に吸い込まれた。打球速度105.6マイル(約170キロ)、飛距離419フィート(約128メートル)の豪快な一発を放った鈴木も打った瞬間に確信歩き。右手を突き上げながらゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 鈴木の本塁打に、MLB公式が放送するダイヤモンドバックス地元中継の実況は「スズキがこの一発を火星へ着弾させた。スズキは9月にまだ中旬にもかかわらず5本塁打、17打点を記録しています」と好調ぶりを紹介した。

 さらに解説者も「確信の一発で、唯一の疑問はどこに着弾するかでしたね。2階席まで届くかという打球は1階席の奥深くまで飛びました」と文句なしのホームランだったと伝えていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集