[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織圭「悔しい決断でしたが…」苦渋の全米OP棄権 理由は左膝の回復遅れ「まだ1~2週間かかりそう」

テニスの4大大会・全米オープンに出場を予定していた錦織圭(ユニクロ)が左膝の負傷のために棄権すると27日(日本時間28日)、大会側が発表した。29日(同30日)の男子シングルス1回戦でフェリペ・メリジェニアウベス(ブラジル)と対戦予定だったが、無念の欠場となった。代わってジェームス・ダックワース(豪州)が出場する。錦織は自身のSNSで無念の胸中を語った。

男子テニスの錦織圭【写真:Getty Images】
男子テニスの錦織圭【写真:Getty Images】

自身のSNSで投稿

 テニスの4大大会・全米オープンに出場を予定していた錦織圭(ユニクロ)が左膝の負傷のために棄権すると27日(日本時間28日)、大会側が発表した。29日(同30日)の男子シングルス1回戦でフェリペ・メリジェニアウベス(ブラジル)と対戦予定だったが、無念の欠場となった。代わってジェームス・ダックワース(豪州)が出場する。錦織は自身のSNSで無念の胸中を語った。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 昨年1月に股関節を手術した錦織は今年6月に下部ツアーで復帰。しかし、直近3大会は左膝を痛め、欠場中だった。26日(同27日)に投稿したXではニューヨーク入りを報告し、動画で「まだ試合に出るかはわからないですけど、最善の準備をして出られるように頑張ります」と語っていたが、2021年の全米オープン以来の4大大会復帰は持ち越しとなった。

 発表からほどなく、錦織は自身のSNSでメッセージ動画を掲載。「膝が残念ながら間に合わなかったので、全米オープンをやめることにします」と報告した。「悔しい決断にはなりましたが、まだ回復には1~2週間かかりそうなので、しばらくもうちょっとリハビリを。練習再開できたら、膝の回復を先にできるようにしたい」と苦しい胸の内を悔しげに明かした。

 さらに「難しい決断でしたが、来年か次のグランドスラムを目指して頑張ります。アジアツアーもあるので、中国と日本と、それまでには間に合うようにしたい」と最後は前向きに締めくくった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集