[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平から逃げたメッツ采配を痛烈批判 米レポーター「ここで申告敬遠はダサい。雑魚だ」

エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)にニューヨークで行われたメッツ戦に「2番・DH」で出場し、2点リードの9回2死一、三塁から敬遠四球で歩かされた。一塁が空いていない状況では異例ともいえる作戦に、米レポーターは「すごくダサい」「雑魚だ」とメッツの采配を強烈に批判した。

メッツ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
メッツ戦に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

2点リードの9回、メッツベンチがとった異例の作戦に騒然

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)にニューヨークで行われたメッツ戦に「2番・DH」で出場し、2点リードの9回2死一、三塁から敬遠四球で歩かされた。一塁が空いていない状況では異例ともいえる作戦に、米レポーターは「すごくダサい」「雑魚だ」とメッツの采配を強烈に批判した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 2点リードの9回、メッツのショーウォルター監督が2死一、三塁の大谷の打席で申告敬遠を指示。スタンドからは大ブーイングが生まれたが、満塁となって次打者のベラスケスが遊ゴロに倒れ、結果的に作戦は成功したといえる。大谷への敬遠は今季17個目で、メジャー全体を見てもトップだ。

 ただ、カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のレポーター、パトリック・オニール氏は自身のX(旧ツイッター)で「ここでメッツはショウヘイ・オオタニを歩かせたのはすごくダサい」と采配を批判した。

 さらに続く投稿で「もしメッツが(プレーオフ)争いに近いなら当然だが、彼らはそこに迫ってさえいない。試合を面白くしてショウヘイに投げる。試合はファンのためにある。“雑魚”だ」と強烈な言葉を記していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集