[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平とトラウトの対戦を「今朝10回見た」 米投球分析家の投稿に米ファン悲嘆「残念に思う」

米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、大谷翔平投手の右肘靭帯に損傷がみられ、今季残り試合に投手としては出場しないと発表した。また、マイク・トラウト外野手も再びIL(故障者リスト)に入ることも発表され、1日で投手・大谷とトラウトを同時に失うという緊急事態となった。悲しみの米投球分析家は2人の対戦をプレイバックし「10回は見た」と投稿。米ファンからも「残念に思う」「心配ない、彼は戻ってくる」など悲嘆した声が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

米投球分析家のロブ・フリードマン氏が投稿

 米大リーグ・エンゼルスは23日(日本時間24日)、大谷翔平投手の右肘靭帯に損傷がみられ、今季残り試合に投手としては出場しないと発表した。また、マイク・トラウト外野手も再びIL(故障者リスト)に入ることも発表され、1日で投手・大谷とトラウトを同時に失うという緊急事態となった。悲しみの米投球分析家は2人の対戦をプレイバックし「10回は見た」と投稿。米ファンからも「残念に思う」「心配ない、彼は戻ってくる」など悲嘆した声が寄せられている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 今年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝の最終局面。投手・大谷が日本代表のリリーフとしてマウンドに上がり、9回2死走者なしの場面で米国のキャプテン、トラウトを空振りの三振に仕留めた。大谷が帽子とグラブを放り投げて吠えた球史に残るシーンは、今もファンの心に焼きついている。しかし、今や2人とも負傷。大谷がマウンドに上がる姿は今季はもう見ることができず、トラウトが打席に立つシーンもまたしばらくお預けとなった。

 米国の著名な投球分析家、ロブ・フリードマン氏はX(旧ツイッター)にWBCのクライマックスとなった2人の対戦動画を公開。「今朝、少なくとも10回はこれを見た」とつづった言葉からは、無念ささえ伝わってくる。米ファンからも「そして今、この2人共が怪我をしてる」「同じよ」「野球のピークだ」「彼が本当に大好き」「エンゼルスの試合じゃない最高のエンゼルスの瞬間だ笑。オオタニには残念に思うよ」「フルカウントからの三振でクラシックを制したショウヘイ対トラウトの対決は史上で最も物語のような結末だった」「心配ない、彼は戻ってくる」といった同情するようなコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集