[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「痛みの訴えは今日が初めて」 大谷翔平の右肘靭帯損傷、球団GMが明かす変調「球速低下認めた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことを明かした「痛みについて訴えがあったのは今日が初めてだった」と大谷のほうから申し出があったことも語っている。

レッズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レッズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レッズ戦で緊急降板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことを明かした「痛みについて訴えがあったのは今日が初めてだった」と大谷のほうから申し出があったことも語っている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷はレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。2回の投球中に異変を訴え、緊急降板していた。打者としても3回の打席に代打を送られて交代。球団は「腕の疲労」が原因としていた。その後の同第2戦には「2番・DH」で出場。右翼線二塁打を放っていた。

 試合後、カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のX(旧ツイッター)はペリー・ミナシアンGMの会見映像を公開。右肘のUCLに損傷があったことを明かした。さらに、こうした事態を想像していたかを問われると「いいや。彼はこれまで(肘の痛みについては)何も訴えていなかった。痙攣や脱水症状はあったが、降板して、肘のあたりに痛みがあると言ったのは今日が初めてのことだった。痛みについて聞いたのは今日が初めてだ」と語った。

 8月9日(同10日)のジャイアンツ戦で6回1失点と好投。この日のダブルヘッダー1戦目が中13日の登板だった。ミナシアンGMは「前回登板をスキップした時も誰も恐れていなかったか」との質問に対し「そうだ。疲労、疲れということだった。指の痙攣、脱水症状、そういったことだった。彼がやっていることを考えれば驚くことではないだろう? タフな仕事だ。しかし、痛みについて訴えがあったのは今日が初めてだった」とし、大谷のほうから初めて変調の訴えがあったことを明かした。

 損傷の度合いについては「まだ分からない」としたミナシアンGM。「どこかの段階で(損傷を)疑うことはあったのか」と問われると「いいや。彼との会話、彼とのここ3年間の関係。コミュニケーションと信頼に基づいたものだ。我々は彼を信頼し、彼は我々を信頼している。彼は自分の体、自分の状態を分かっているので、彼の意見を聞いていた。今日起こったことだ。どの投球のときだったかは定かではないが、球速の低下を認めた」とこの日に表面化した問題であることを強調。「改めて、残念なことだが、そういうこともある。すぐに立ち直ってくる人がいるとすれば、彼はまさにそういう男だ」と語った。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集