[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「彼のことを思うと心苦しい」 投手・大谷翔平の今季絶望に球団GMも沈痛、手術は「分からない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、腕の疲労のため2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことを明かした。

レッズ戦で降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズ戦で降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッズ戦で緊急降板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、レッズとのダブルヘッダー第2戦に「2番・DH」で出場した。第1戦では投打同時出場するも、腕の疲労のため2回に途中降板。第2戦終了後、ペリー・ミナシアンGMが会見し、右肘のUCL(内側側副靭帯)の損傷により「投手・大谷」が今季絶望となったことを明かした。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大谷はレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。2回の投球中に異変を訴え、緊急降板していた。打者としても3回の打席に代打を送られて交代。球団は「腕の疲労」が原因としていた。その後の同第2戦には「2番・DH」で出場。右翼線二塁打を放っていた。

 試合後、カリフォルニア地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のX(旧ツイッター)はペリー・ミナシアンGMの会見映像を公開。「ショウヘイは今日途中交代した。我々が試合と試合の間に画像検査を行ったところ、彼には断裂があった。彼は今季の残りは投げない。ダブルヘッダーの2試合目は出場させたが、基本的には毎日様子を見ながらになる。それが現状だ」と、投手としては今季絶望となったことを伝えた。

 UCLの損傷を認めたミナシアンGMは「計画や詳細についてはまだ持っていない。ダブルヘッダーの2試合目は打ったし、彼は2018年にもその状態で出場していた。日々確認しながら様子を見ていく。もちろん残念だし、彼のことを思うと本当に心苦しい」と無念の思いを口にした。

 手術について問われると「まだ分からない。試合と試合の間で判明したばかりだ。(2試合目の)試合前に画像検査をして、すぐに話し合った。彼と彼の代理人と話し合った。残念なことだ。しかし、彼が2試合目に出場したことは彼がどういう男かをよく表している。彼がプレーするのが大好きなこと、彼にとってチームメートが、このチームがどれだけ大事か。それはとても感銘を受けるものだ」と語った。

 大谷は投手として今季23試合に登板。10勝5敗、防御率3.14の好成績を残し、サイ・ヤング賞候補の一人にも挙げられていた。8月9日(同10日)のジャイアンツ戦で6回1失点と好投していたが、それ以来の登板だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集