[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

緊急降板直前に対戦 大谷翔平の“異変”は敵打者も打席で察知「絶好調じゃないと何となく…」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場し、まさかのアクシデントに見舞われた。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ラン。シーズン56発ペースとし、メジャーキング単独1位に浮上した。しかし、直後の2回に球速が落ち始めて緊急降板。3回の打席で代打を送られ、試合からも退いた。

レッズとのダブルヘッダー第1戦で投球するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズとのダブルヘッダー第1戦で投球するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッズとのWヘッダー第1戦に「2番・投手」で出場も…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場し、まさかのアクシデントに見舞われた。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ラン。シーズン56発ペースとし、メジャーキング単独1位に浮上した。しかし、直後の2回に球速が落ち始めて緊急降板。3回の打席で代打を送られ、試合からも退いた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 試合はアンダーソンが緊急登板したものの、味方の拙守も絡んで5回に逆転を許した。4-9で敗れて3連敗。今季最多借金5に膨らんだ。「腕の疲労」と球団から発表されていた大谷について、対戦したレッズからも異変を感じ取っていたという証言があった。

 レッズの試合を中継した米オハイオ州地元局「バリー・スポーツ・シンシナティ」の試合後の番組内で、この日3安打を放ったスペンサー・ステア内野手は「正直に言って残念だった。彼は偉大な選手だし、深刻な怪我じゃないことを願うよ。我々は最高の選手と対戦したいし、彼との対戦も楽しみにしていた」と無念の胸中を明かし、大谷の軽症を願った。

 この日は2回先頭で大谷と対戦し、四球を選んでいたステア。「彼が絶好調じゃないことはなんとなく分かったから、重症じゃないと良いね」と異変を感じていたという。「一人の野球ファンとして彼を見るのは喜びだから。早期復帰してほしい」と改めて大谷への想いを語った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集