[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

44号大谷翔平の緊急降板に「残念すぎる…」 漏れた心の声、敵地解説者まで思わず本音ポロリ

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ランを放ち、メジャー単独1位に浮上した。しかし、直後の2回のマウンドで「腕の疲労」により緊急降板。これには敵地の実況席も「残念すぎる…」と心の声思わず漏れた。

レッズとのダブルヘッダー第1戦2回に降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レッズとのダブルヘッダー第1戦2回に降板するエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レッズとのWヘッダー第1戦で緊急降板

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地で行われたレッズとのダブルヘッダー第1戦に「2番・投手」で投打同時出場。初回の第1打席で4試合ぶりとなる44号2ランを放ち、メジャー単独1位に浮上した。しかし、直後の2回のマウンドで「腕の疲労」により緊急降板。これには敵地の実況席も「残念すぎる…」と心の声思わず漏れた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 大谷は初回無死一塁、初対戦の左腕アボットの初球をかっ飛ばし、115.7マイル(時速約186.2キロ)、442フィート(約134.7メートル)の豪快2ラン。幸先良いスタートとなったが、2回1死一塁から5球目のストレートをファウルとされた直後、小さく首を振り、トレーナーを呼び寄せて話し込んだ後に降板。初回は打者2人から三振を奪い、完璧な立ち上がりだっただけにまさかの展開となった。

 レッズ戦を中継している米オハイオ州地元局「バリー・スポーツ・シンシナティ」もこの場面に驚き、実況のジョン・サダック氏は「これは彼にとって2週間ぶりの登板です。腕の疲労によりテキサスで登板回避していました。彼が降板しますよ!」と伝えた。

 解説のクリス・ウェルシュ氏は「残念すぎる……」と低い声でぼそりとつぶやく。投手としてもメジャーを代表する大谷の降板は逆転のチャンスと思っても不思議ではないが、もっと大谷の投球を見たかったという本音が見えた。

 それでも、ウェルシュ氏は「彼の最後の投球を見てみましょう。スライドステップのような投げ方で……何も(異変は)見られませんね。しかし、ウォーミングアップの前の時点で彼らは何かに気づいていたのでしょう」と解説した。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集