[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶応107年ぶり甲子園Vで「横浜高校」にも称賛 県決勝で追い詰めトレンド入り「一番苦しめた」

夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は23日に決勝が行われ、慶応(神奈川)が8-2で仙台育英(宮城)に勝利。第2回大会以来、実に107年ぶりの優勝を掴んだ。X(旧ツイッター)上では、決着後すぐに「横浜高校」もトレンド入り。神奈川県大会決勝で激闘を繰り広げており、「今年の横浜高校の事も忘れません」「やっぱ横浜高校も強かったんだなと実感」などと投稿されていた。

慶応が107年ぶり甲子園優勝【写真:中戸川知世】
慶応が107年ぶり甲子園優勝【写真:中戸川知世】

夏の甲子園・決勝

 夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)は23日に決勝が行われ、慶応(神奈川)が8-2で仙台育英(宮城)に勝利。第2回大会以来、実に107年ぶりの優勝を掴んだ。X(旧ツイッター)上では、決着後すぐに「横浜高校」もトレンド入り。神奈川県大会決勝で激闘を繰り広げており、「今年の横浜高校の事も忘れません」「やっぱ横浜高校も強かったんだなと実感」などと投稿されていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 大歓声の中、107年ぶりの優勝を掴んだ慶応。改めて注目を浴びているのが県大会決勝の横浜戦だ。慶応は2点ビハインドで迎えた9回1死二、三塁から渡辺千之亮が起死回生の逆転3ラン。6-5で慶応が勝利したが、横浜が互角以上の戦いぶりも見せ、どちらが勝ってもおかしくない試合だった。

 慶応の甲子園優勝後、Xのトレンドにはすぐに「横浜高校」も上がった。「この夏一番慶応を苦しめてたのは横浜高校」「今年の横浜高校の事も忘れません」「やっぱ横浜高校も強かったんだなと実感」「まず県大会を突破するのが大変すぎる」などと野球ファンの称賛の声が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集