[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

43HRなのにサイ・ヤング候補の大谷翔平、米メディアが示す受賞の可能性「彼の持つものは衝撃的」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季ここまで打者として43本塁打をマーク。打率も3割を超え、その打棒が大いに注目されてきた。一方で投手としても10勝をマーク。ここにきてサイ・ヤング賞争いに名前があがるほどになった。米メディアは最有力候補のゲリット・コール投手(ヤンキース)に迫る存在を複数ピックアップ。大谷について「彼の持っているものは衝撃的だ」と注目していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

最有力はヤ軍コール、大谷は対抗馬か

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季ここまで打者として43本塁打をマーク。打率も3割を超え、その打棒が大いに注目されてきた。一方で投手としても10勝をマーク。ここにきてサイ・ヤング賞争いに名前があがるほどになった。米メディアは最有力候補のゲリット・コール投手(ヤンキース)に迫る存在を複数ピックアップ。大谷について「彼の持っているものは衝撃的だ」と注目していた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 米スポーツメディア「スポーティングニュース」は「アメリカンリーグのサイ・ヤング賞争い。ゲリット・コールが有力だがショウヘイ・オオタニも。他のエースも迫っている」との見出しで記事を掲載。ライヤン・フェーガン氏がア・リーグの争いについて注目している。

 最有力候補に挙がるのがヤンキースのコール。22日(日本時間23日)時点で26先発、投球回数160.1、防御率3.03はいずれもリーグトップ。リーグ8位の10勝(4敗)、同4位の奪三振170もマークしている。

 記事ではコールに迫る選手を紹介。そのうちの一人に大谷を挙げた。大谷は今季22先発で、コールと同じ10勝(5敗)をマーク。投球回数130.2とコールより30近く少ないものの、防御率3.17、165奪三振も記録している。

 フェーガン氏は「シーズン最初の重要な試合を完全な健康状態で迎えられるピッチャーを選ぶとしたら、ショウヘイ・オオタニを選ぶ人が球界に多いだろう。彼はそれ位、優位に立っていて、彼の持っているものは衝撃的だ」と能力を最大級に称賛している。

 大谷がサイ・ヤング賞を獲得するのは「少々厳しいと思われる」と説明。理由は「なぜなら、エンゼルスは今年オオタニを1日余分に休ませる為に6人でローテンションを回しているからだ。そのため、今の時点では大谷の先発回数は22回。ここに挙げている他の選手は25、26回先発している」と登板回数が他の投手より少なくなる可能性を挙げた。

 ただフェーガン氏は「それでもオオタニはサイ・ヤング賞争いの候補ではある」としており、9イニング当たりの被安打数がリーグ最少の5.9、被打率も最も優れた.185であることなどを紹介している。大谷のほかには、マリナーズのカスティーヨ、カービーらを挙げている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集